주요 기사 바로가기

キムチ・化粧品を前面に出して国際社会への進出を狙う北朝鮮

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.11.01 16:21
0
最近、核とミサイルを前面に出して軍事的緊張を高めている北朝鮮が国際社会の知的財産権の登録にも大きな関心を見せていることが明らかになった。ハードパワーを通した力争いの裏面にソフトパワーを活用して国際社会に進出と競争力確保を模索しているわけだ。

世界知的所有権機関(WIPO)資料によると、北朝鮮はことし「柳京(リュギョン)キムチ」や「サムチョンリ(三千里)」「ソナム(松の木)」など3件を国際商標として登録した。昨年には北朝鮮が化粧品商標として使っている「ウンハス(銀河水)」も登録した。政府当局者は「金正恩(キム・ジョンウン)委員長が執権した後、『自分の土地に足を付けて、目は世界に向けよ』として世界的水準の製品を生産するように指示をした」として「国際商品の登録もこのような流れと関係があると見られる」と話した。また、「最近北朝鮮が商標を登録した業種は金正恩委員長が現地指導をして競争力確保を呼び掛けたところ」としながら「金正恩委員長の指示履行の意味でもある」と付け加えた。

実際、北朝鮮がことし登録した柳京キムチの場合、金正恩委員長が1月12日現地指導したところだ。「へダンファ(ハマナス)」キムチを中国などの地域で販売して相当な収入を上げたが、1月竣工したキムチ工場の製品を前面に出したものだ。また、ウンハスという製品の化粧品を生産する平壌(ピョンヤン)化粧品工場も2015年2月金正恩委員長が訪ね「世界的な水準の化粧品を作りなさい」という指示をした後、大々的な工場の現代化作業に着手して最近完工した。彼は当時「北朝鮮のマスカラのにじむ現象を指摘し、あくびをするだけでもたぬきの目になる」と叱責したという。金正恩委員長は李雪主(リ・ソルジュ)夫人を同行して最近平壌の化粧品工場を再び訪問したこともある。国際社会でキムチや化粧品の商標登録を通じて先取りするという狙いもあるが、知的財産権保護を越えて金正恩委員長の統治活動とも関係があることを見せる部分だ。

1974年、WIPOに加盟した北朝鮮は61件の商標を登録したと把握されている。これは33万6383件である韓国に比べると極めて小さい規模だ。また、商標のデザインや製品の質も世界最高水準を誇る韓国のものなどに比べてはまだ物足りないというのが大体の評価だ。政府当局者は「金正日(キム・ジョンイル)総書記時代には体制維持に集中して国際社会で守勢的で孤立した政策を展開した」とし、「金正恩が対北朝鮮制裁にもかかわらず、スポーツや商標などソフトパワーを動員して国際社会に打って出ようとする動きが様々な分野で見られるが、これはニッチ市場を通した国際社会の孤立脱皮を念頭に置いた可能性がある」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP