주요 기사 바로가기

<トランプ訪韓D-8>実力者イバンカ氏に「女性が強い韓国」アピール

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.30 11:01
0
来月7~8日に訪韓する米国代表団にはドナルド・トランプ大統領と同じくらい注目を集めている人物がいる。トランプ大統領の長女、イバンカ氏だ。イバンカ氏はトランプ大統領に直接メッセージを伝えることができる数少ないチャンネルのひとつだ。韓日中間でイバンカ氏を手中に収めようとする競争が激しいのはこのためだ。

共通キーワードは「女性」だ。日本はトランプ大統領の到着(5日)に先立って開かれる国際女性会議(WAW、1~3日)にイバンカ氏を招待した。イバンカ氏は3日に演説も行う予定だ。韓国には1泊2日だけの滞在だが、日本では少なくとも4日間は留まる。夫のジャレッド・クシュナー氏とイバンカ氏夫妻と従来から親しい関係を維持している中国も女性関連の行事を準備中だという。

韓国では各界各層で活躍する女性企業家との交流が準備されているという。外交界消息筋は「『女性が強い韓国』を見せるという趣旨」と説明した。韓国はイバンカ氏が主導している国際機構「女性企業家基金」に1000万ドル(約113億ウォン)の拠出を約束し、来年度予算に30億3100万ウォンを早々と組み込んでいる。

韓国政府はトランプ大統領の訪韓に関連し、「歓心を買う外交」に向けた準備に忙しい。両国首脳が親交を確かめる行事としては、7日の歓迎晩さんがある。首脳間の食事会では料理の素晴らしさも重要だが、メニューのストーリーテーリングも必須だ。2009年バラク・オバマ大統領の初訪韓時、歓迎食事会のメニューは韓牛プルコギと米国産牛肉を炭火焼きにしたバーベキューだった。

今回の晩さんでは、韓国の伝統酒とカリフォルニア・ナパバレー産のワインを食膳に一緒に出そうという提案もある。国立外交院のシン・ボムチョル教授は「これは、最近ナパバレーで発生した山火事による大きな被害を慰める一方、韓米自由貿易協定(FTA)締結以降に輸入が増えたナパバレーワインはFTAの効果を象徴的に示す商品」と説明した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領もことし6月の訪米当時、韓米経済界の指導者と会って「最近、韓国の食卓で米国産ワインが人気」とし「交易の拡大が両国国民の実生活を豊かにしている」と述べていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP