주요 기사 바로가기

「ソウルに脅威ないという米国の軍事オプション、すでに開始」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.26 13:21
0
1/2
2011年8月12日に香港に停泊した原子力空母「ロナルド・レーガン」。
さらに、核武装したB-52爆撃機は米本土で24時間出撃態勢に入ったという情報が広まった。

海では排水量1万9000トンの原子力潜水艦「ミシガン」と最新攻撃型原子力潜水艦「ツーソン」がそれぞれ釜山(プサン)と鎮海(チンヘ)に停泊して消えた。特に「ミシガン」はトマホークミサイル垂直発射管22本を搭載したオハイオ級潜水艦で、最大154発のトマホークミサイル発射が主な任務だ。トマホークは開戦初期に敵の指揮部と通信・防空網の破壊に集中投入される核心武器体系だ。

「圧巻」は大規模な空母打撃群の同時展開だ。原子力空母「ロナルド・レーガン」が釜山に停泊する中、別の原子力空母「セオドア・ルーズベルト」と「ニミッツ」が相次いで第7艦隊作戦区域に進入したと伝えられた。

CNNによると、「ニミッツ」は第5艦隊作戦区域のペルシア湾から第7艦隊作戦区域に移動した。「ルーズベルト」は6日に母港のカリフォルニア州サンディエゴ基地を出港し、西太平洋に移動した。両空母の任務交代過程で生じたことだが、急変事態発生時に韓半島への移動が可能な布石だ。

こうした心理戦は、強力な対北朝鮮制裁を北朝鮮に加えるべきだという意味で中国に向けたものだという解釈もある。韓半島での戦争と混乱を重大な安保脅威と考える中国の弱点を狙った戦術ということだ。軍事消息筋は「軍事オプションの具体的な内容についてはあいまいに管理しながら想像力を刺激する武力示威で相手(北朝鮮・中国)の不安感を最大化させる一方、相手の行動を制約する高度な心理戦が展開されている」と分析した。交渉局面に備えて有利な立場を確保する策略があるという解釈だ。
「ソウルに脅威ないという米国の軍事オプション、すでに開始」(1)



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP