주요 기사 바로가기

<大鐘賞>俳優ソル・ギョング&女優チェ・ヒソ主演賞・『タクシー運転手』作品賞受賞

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2017.10.26 11:21
0
第54回大鐘賞の選択は俳優ソル・キョングと女優チェ・ヒソ、そして映画『タクシー運転手』だった。25日午後、ソウル鍾路区(チョンノグ)世宗(セジョン)文化会館大劇場で第54回大鐘賞映画祭の授賞式が開かれた。ソル・ギョングが主演男優賞を、チェ・ヒソが主演女優賞を受けた。最後に『タクシー運転手』が最優秀作品賞を受賞した。

ソル・ギョングは主演男優賞のトロフィーを持ち上げて「『不汗党』が候補に多く上ったが、受賞されず失望した。一つは受けた」と話した。また「今日『不汗党』の衣装を来てきた。この衣装を着てこの賞を受けると妙な気がする。俳優イム・シワンがそばにいるようだ。イム・シワンに会いたい」と話した。

チェ・ヒソは主演女優賞と新人女優賞を同時受賞した。彼女は主演女優賞受賞後「受けるとは思わなくてまとまらない話を何でも言ってしまった」とし、「このように大きい賞をいただき、深く感謝申し上げる。さっき、感謝のお言葉を伝えることができなかったが、『朴烈(パクヨル)』の観客の方々だ」と話した。

特に、両主演賞は多少意外な結果だった。『不汗党:悪いやつらの世界』の場合、ヒットできなかった作品だったため。チェ・ヒソも新人賞と主演賞を同時受賞する気炎を吐いた。

『タクシー運転手』の製作者、ザ・ランプのパク・ウンギョン代表は「この映画の最初から最後まで土台になってくださった俳優ソン・ガンホに感謝する」という感想を残した。

新人賞の栄誉は『青年警察』の俳優パクソジュンと『朴烈』のチェ・ヒソに戻った。パク・ソジュンは「最近、韓国映画がとても発展したと考える。劇場を訪ねて下さる観客の皆さんのおかげだと思う。観客の皆さんに立派な演技をお見せできるように最善を尽くしたい」と明らかにした。

チェ・ヒソは「今後、私の演技が常に皆さんに感動を与えることができないかもしれない。しかし、その過程がいつも真実で着実に、何よりあきらめなくて少しでも感動を与えられる女優になりたい」と話した。

助演賞は全部『ザ・キング』の出演者が受けた。俳優ペ・ソンウと女優キム・ソジンがその主人公。ペ・ソンウは「良い作品と良いチームに出会って受けることができた。一緒に撮影できて本当に楽しかった。ハン・ジェリム監督、俳優チョン・ウソン、チョ・インソン、リュ・ジュンニョルなど俳優の方々やスタッフと共に撮影できて良い時間だった」という感想を伝え、参加しなかった女優キム・ソジンは映像を通じて「良い先輩らと良い賞の候補に上ってうれしい。光栄だ」と話した。

監督賞は『朴烈』のイ・ジュンイク監督が受けた。イ監督は「映画を多数撮っているうちに才能が落ちた。この監督賞は私と作業した若いスタッフが受けるべき賞を代わりに受ける」としながら「朴烈先生の子孫が生きておられる。その方に感謝申し上げる」と明らかにした。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <大鐘賞>俳優ソル・ギョング&女優チェ・ヒソ主演賞・『タクシー運転手』作品賞受賞

    2017.10.26 11:21
    뉴스 메뉴 보기
    俳優ソル・ギョング、女優チェ・ヒソ。
    TOP