주요 기사 바로가기

米大統領、「習近平主席、北朝鮮に何かをする力がある」北への圧力を呼びかけ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.24 09:05
0
ドナルド・トランプ大統領が来月、韓日中訪問を控えて中国習近平国家主席に対する本音を明らかにした。22日(現地時間)、FOXニュースとのインタビューで「習主席主席が北朝鮮に対して大変重要な何かができる力を持っていると考える」と述べた。彼は「米中はとても良い、特別な(exceptional)関係」とも誇示した。一方、北朝鮮に対しては「我々は何でも準備ができている」として「我々がもし必要な場合に備えてどれほど完全に準備ができているのかを分かれば、衝撃を受けるだろう」とし、北朝鮮に対する軍事オプションを繰り返し強調した。核・ミサイル挑発に対する強力な対北朝鮮警告であり、習主席には対北朝鮮圧力を呼びかける発言と読まれる。

トランプ大統領は習主席を褒め称えながら中国の対北朝鮮圧力を再度強調する話法を駆使した。トランプ大統領は「習主席が第19回党大会を通じて歴代指導者が持てなかったすごいもの(権力)を持つようになるだろう」としながら「彼はそのような資格がある良い人」と話した。その後、「正直に言って私は習主席がそれを得る時までは(北朝鮮問題など)懸案は自制する(keep the things low-key)と言った」と公開した。また、「中国は本当に北朝鮮に関して我々を助けている。北朝鮮との金融システムを断ち、目で確認することはできないが石油取り引きも減らした」とし「かつてなかった初の出来事」と称賛した。

トランプ大統領は「北朝鮮へ行く物資の93%が中国を通じて入っている。習主席は北朝鮮に関連して大変重要な何かができる力を持っている」とし「いかなることが起きるか、我々は分かってくるだろう」と期待感を示した。

北朝鮮にはより直接的な軍事的警告をした。「我々は北朝鮮に対して何でも準備ができている。信じられないほどよく準備されている」とし「それを(軍事オプションを)使わないのが良いが、そんなこと(軍事オプションの使用)が起きることを誰が予想することができるだろうか」と話した。

これに対してデービッド・ゴールドファイン米空軍参謀総長は「我々の準備ができているということを確かに見せるもう一つの姿」としながら1991年冷戦終焉後、26年ぶりにB-52戦略爆撃機が核兵器を搭載して出撃待機をするようになるだろうと紹介した。彼はルイジアナ州バークスデール空軍基地で軍事専門紙ディフェンスニュースとのインタビューで「非常待機命令が下されたわけではないが、これに備えた準備が行われている」としながら「米ソ両極体制は終わったが、核戦争力を保持した他の相手がある状況で任務を正しく遂行できるようにに保障するのは何より重要だ」と強調した。

トランプ大統領のこの日のインタビューは習主席と例外的な関係を誇示し、北核解決に圧力をかけるために過去の血盟である中国と北朝鮮を分離させようとする狙いがあるものと分析される。ニューズウィーク最新号はトランプ大統領が中国訪問中にヘンリー・キッシンジャー元国務長官が提案した核放棄-米朝修交、在韓米軍撤収を対等交換する「グランドバーゲン」のような果敢な試みをする可能性があるとも報じた。

ニューズウィークは「ホワイトハウスはトランプ大統領の訪中を控えて1カ月間、対中国政策を見直している」として「北核解決に時間が多くない状況で外交的解決法で大胆な行動を取るかもしれない」と展望した。しかし、この雑誌も「キッシンジャー氏の提案の中で在韓米軍の撤収、あるいは縮小は北朝鮮政権が存続する限り想像できないもので、非武装地帯(DMZ)の北側に米軍を送らないというのが米国の最大値」と説明した。

米中が直面した経済的懸案が両国間戦略的合意の可能性をさらに下げる可能性があるという分析もある。ジョージタウン大学のマイケル・グリーン教授は「習近平主席は2025年までに製造業の完成を掲げ、自国企業の保護主義、民族主義をはるかに強化してトランプ政府とより多くの衝突が予想される」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP