주요 기사 바로가기

日本外務次官「日韓慰安婦合意の着実な履行が重要」

ⓒ 中央日報日本語版2017.10.19 11:17
0
杉山晋輔外務事務次官が18日、「(慰安婦問題をめぐる)日韓合意の着実な履行が極めて重要だという日本政府の立場を(韓国側に)伝えた」と述べた。

杉山次官は韓日米外務次官協議の後、韓国外交部庁舎で3カ国共同記者会見を開いた。

杉山次官は「林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官と日韓間の2国間問題についても協議した」とし「その協議の中で、日韓間には困難な問題があるが、適切に対応していくことによって日韓関係を未来志向で進めるべく協力をしていくことで一致した」と話した。

これに対し林聖男韓国外交部第1次官は「慰安婦問題については、韓国政府は現在、慰安婦タスクフォース(TF)を設置して諸般関連事項を検討している」とし「この問題については基本的に韓国側の基本立場を説明したし、日本側の基本立場を聴取したという点を申し上げる」と答えた。

韓国外交部は現在、「韓日日本軍慰安婦被害者問題合意検討タスクフォース」を通じて韓日間協議の経過および合意内容全般について検討中であり、最終結果が出ればこれに基づいて慰安婦問題に対する韓国政府の立場を樹立する計画だ。したがって杉山次官の日本の立場伝達は、慰安婦問題合意の破棄および再交渉に反対するという日本政府の立場を強調したものと解釈される。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP