주요 기사 바로가기

トランプ大統領、「女性禁止」ゴルフ場で安倍首相とラウンドへ…日本NSCにも出席

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.10.19 08:56
0
来月5-7日に訪日するトランプ米大統領が安倍首相と、最近まで女性の正会員を認めていなかった「霞ヶ関カンツリー倶楽部」でゴルフをする予定だと、日本メディアが報じた。

18日の朝日新聞によると、トランプ大統領は5日に日本に到着した後、安倍首相とゴルフをするために埼玉県川越市のゴルフ場へ向かう予定だ。88年の歴史を誇る名門ゴルフクラブで、日本初の36ホールゴルフ場であり、日本の政界・官界関係者が中心の保守的な男性専用クラブとして有名なところだ。

第2次世界大戦が始まると、日本のゴルフ場の大半が閉鎖されたが、このクラブは敗戦直前の1945年4月に閉場した。マスターズを開催する米国の名門クラブのオーガスタナショナルが43年末から休場した点を勘案すると、霞ヶ関の日本国内の地位が分かる。2010年には優勝者がマスターズ参加権を受けるアジアアマチュア選手権も開催した。当時優勝したのが現在の日本最高選手であり世界ランキング3位の松山英樹選手(25)だ。松山選手は今回のトランプ大統領と安倍首相のラウンドに同伴する。

ここは日本のほかの名門プライベートクラブとは違い、積極的に大会を開催してゴルフの発展に寄与したという自負心が強い。このため「開かれたクラブ」と主張するが、会員になるための規定は厳しい。特に女性は「正会員になれず、週末と公休日には会員と同伴でもラウンドできない」という制限のため「女性差別」ゴルフ場として悪名高かった。

2020年東京オリンピック(五輪)のゴルフがこのゴルフ場の東コースで開催される予定だ。「女性を嫌悪するゴルフ場であり、ここで五輪をするべきではない」という世論が広がり、小池百合子東京都知事までが「女性が会員になれないゴルフ場があるというのは不快」と露骨に不満を表すと、ゴルフ場側は3月「正会員は男性に限られる」という定款細則を変更した。

シングルプレーヤーであるゴルフ好きのトランプ大統領とのラウンドに向け、安倍首相はこれまで心血を注いできた。安倍首相は昨年11月、トランプ大統領の就任前に会ってゴルフクラブをプレゼントし、今年2月に米国を訪問した時はトランプ大統領が所有するゴルフ場で一緒にラウンドした。

ゴルフ場で友愛を深めた翌日に両首脳の首脳会談が予定されている。6日に行われる首脳会談の最大の議題は北朝鮮の核・ミサイル挑発に対する両国の連携だ。野上浩太郎官房副長官は「日米同盟の強固な絆を改めて世界に示す絶好の機会」と強調した。特にトランプ大統領は米国大統領では初めて日本の国家安全保障会議(NSC)にも出席する。安倍首相は過去にも英国や豪州の首相をNSCに招請し、該当国との安保連携を劇的に高めるイベントとしてきた。

トランプ大統領と安倍首相は経済・軍事分野にわたり北朝鮮に「最大限の圧力」を継続するという方針とともに、米国の「核の傘」提供に関する約束も再確認すると、日本メディアは報じた。このほかミサイル防衛を含む米軍と自衛隊の協力関係強化問題も首脳会談で扱う予定だ。

トランプ大統領は日本人拉致被害者の象徴的な人物である横田めぐみさんの親にも会う。9月の国連総会演説ではトランプ大統領が横田めぐみさんの名前に言及するなど、拉致問題に対する両首脳の共感も形成されている。日本経済新聞は「北朝鮮の核・ミサイルとあわせて日本が重要視する拉致問題に米国が関心を寄せる姿勢は、日米連携の象徴的なメッセージともなる」と分析した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    トランプ大統領、「女性禁止」ゴルフ場で安倍首相とラウンドへ…日本NSCにも出席

    2017.10.19 08:56
    뉴스 메뉴 보기
    来月5日に日米首脳がゴルフをする霞ヶ関カンツリー倶楽部の全景。(霞ヶ関C.Cホームページ)
    TOP