주요 기사 바로가기

大邱純宗皇帝の御駕道、親日論争が起こる理由は?=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.09.01 08:39
0
1909年1月7日、大邱(テグ)駅。3万人の人々が駅の付近に集まった。ソウルから8時間ほど宮廷列車に乗って到着した大韓帝国の最後の皇帝である純宗(スンジョン)を見るためだった。当時、大邱市民は純宗が通る道の前にうつ伏せになって涙を流したと伝えられる。各自ふとんなどを持ってきて純宗が通る道に敷いたという。純宗はこの日、一日間大邱駅から達城(タルソン)土城まで2.1キロメートルを巡幸した。

2017年4月、純宗の南巡幸が純宗皇帝の御駕道として誕生した。大邱中区(チュング)庁は4年間、70億ウォン(約6億8500万円)を投じて中区寿昌洞(スチャンドン)・仁橋洞(インギョドン)一帯を純宗皇帝の御駕道に作った。南巡(ナムスン)歴史空間を作って達城公園には純宗の銅像を建てた。

これをめぐって市民団体と中区庁との間で意見の違いが浮き彫りとなっている。市民団体は親日関連遺跡であるため撤去する必要があると主張し、中区庁は悲しい歴史も歴史だと反論する。純宗の大邱訪問の背景がその理由だ。

民族問題研究所大邱支部によると、南巡幸は一般的な皇帝の巡行でない反日感情を和らげ、日本によって列車など経済発展が行われているということを見せる狙いがあったという。

大邱支部は庚戌国恥日である先月29日、達城公園にある高さ5.5メートルの純宗銅像の撤去を要求する記者会見を行った。庚戌国恥日は1910年8月29日、韓日併合条約によって日本に主権を奪われた日だ。

民族問題研究所のイ・ジョンチャン事務局長は「中区庁は歴史を恣意的に解釈して達城公園の前に純宗の銅像を建てた」とし「青少年と市民の歴史意識に多大な副作用が生じるだろう」と主張した。

一方、中区庁は純宗御駕道造成事業が「ダークツーリズム(Dark Tourism)」という立場だ。ダークツーリズムとは災難や悲劇的事件が起きた場所を訪れて教訓を得る観光のことをいう。

慶北(キョンブク)大学史学科のチュ・ボドン教授は「歴史的人物を復元、大衆化する時は、専門家たちと歴史的論争につながるかどうかを十分に議論する必要があるが、それができなかったようだ」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    大邱純宗皇帝の御駕道、親日論争が起こる理由は?=韓国

    2017.09.01 08:39
    뉴스 메뉴 보기
    純宗の銅像。
    TOP