주요 기사 바로가기

【コラム】中国を見る韓国の本心(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.30 10:26
0
いま韓中修交25周年を迎えるわれわれの心情は錯雑そのものだ。中国はこれまで蓄積してきた韓中間の関係を感性的一方主義で一挙に傷つける愚を冒した。これは韓国民の胸にぬぐうことはできない傷を残した。韓中関係が一定距離以上狭めることはできない胎生的・価値的限界の中に閉じ込められているのではないかと考え無力さまで感じる。そしてわれわれはこれまでの努力にもかかわらず、中国の核心権力と隠密に疎通する中国式疎通の道を開くことができない限界を表わした。

特に経済報復と関連して両国とも世界貿易機関(WTO)加盟国で両国間のFTAと投資保障協定が発効中だが、その協定内部に確立されている紛争解決装置は作動することができなかった。さらに中国に事実上担保のように捕えられている韓国企業の未来が不安定で類似事態の再発防止対策は話も切り出せずにいる実情だ。この問題を解決してこそ真の「国らしい国」になるだろう。

今回のTHAAD問題は韓国に中国を知る重要な学習機会になった。はたして中国は韓国にとって何であり、韓国は中国にとってどんな国なのか? 結論から言えばわれわれに中国は宿命だ。過去の歴史から見ても昨今の現実に照らしてみる時中国はわれわれの生存と統一に多大な影響力を持っている。しかし彼らと遠ざかれば機会を失い、彼らとあまりに密着すれば服属する恐れがある曖昧な関係だ。そして韓国は上位中堅国として中国の未来を示す羅針盤であり中国と高い補完的生存関係を維持している。したがって中国は慣習的服属意識を捨て韓国を尊重しなければならない。今後中国は世界のリーダー国として包容力と品格を備え中国方式を国際的公準に合わせていき周辺国との友好的関係を重視することを望む。

さまざまな面で韓中関係はまだ未完成交響曲だ。それでも両国はお互いがお互いを必要としているということをよくわかっている。これを基に韓中関係は新たに再確立されなければならない。韓中間には3つの距離がある。価値の距離、技術の距離、そして見つめる視線の距離がそれだ。われわれが中国との価値の距離は狭めていき、技術の格差は広げてこそ両国の補完的生存関係は厚くなる。そして世界と韓半島、お互いを眺める視線をひとつに集めることができなければ韓中両国は同床異夢の関係になるだろう。今後多くの忍耐と歳月が必要な問題だ。しかしこれが21世紀の韓国が解決していかなければならない運命的経路ではないだろうか考えてみる。

鄭徳亀(チョン・ドクグ)/NEAR財団理事長
【コラム】中国を見る韓国の本心(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP