주요 기사 바로가기

現代車の米国内販売量3カ月連続で2桁減少

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.08.02 15:32
0
現代自動車が米国市場で苦戦を強いられている。7月、米国市場の販売量が昨年同期より28%減少し、3カ月連続で2桁減少となった。

現代車は7月、米国市場で5万4063台を販売したと1日(現地時間)、明らかにした。5月(6万11台)と6月(5万4507台)には同期間それぞれ15.4%、19.3%減少した。

7月、「ソナタ(Sonata)」は昨年同期(2万635台)より48%減少した1万648台、「エラントラ(Elantra)」は36%減少した1万3287台が販売された。

ただし、主力車種であるスポーツ用多目的車(SUV))「サンタフェ(Santa Fe)」は昨年7月の販売量(7728台)よりはるかに多い1万1257台となり、歴代最多の販売を記録した。

起亜車も7月を基準に5万6403台を販売して前年同期より5.95%減った。「フォルテ(Forte)」は1万303台から今年1万2022台に17%増加したが、他の車種が振るわず減少幅となった。

「リオ(Rio)」と「セドナ(Sedona)」の販売量は1587台、1710台と前年同期よりそれぞれ52%、66%減少した。

「オプティマ(Optima)」は7933台、「スポーテージ(Sportage)」は7135台と、前年同期よりそれぞれ19%、12%減少した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP