주요 기사 바로가기

日帝侵略は無効、歴史知らずに慰安婦被害者が代理戦(3)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2017.07.31 13:14
0
◆大韓帝国本宮・徳寿宮、高宗の近代化計画を表している場所

ことし5月24日、徳寿宮(トクスグン)で大韓帝国宣言120周年を記念する李泰鎮教授の講演があった。主題は「徳寿宮、誰がなぜ作ったのか?」。大韓帝国の成立と背景、そして大韓帝国の皇宮としての徳寿宮の意味を明らかにする内容だった。250人余りの聴衆の中には徳寿宮(慶運宮)が大韓帝国の本宮であったことを知らない者も多かった。

徳寿宮は高宗の近代化計画をよく表している。それまでの宮殿が伝統的な君主南面説によって北側の山の下に配置されたものと比較すると、徳寿宮の配置は破格だった。ソン源(ソンウォン)殿と中和(チュンファ)殿を軸に、西には洋式建物、東には韓国式建物が配置された。伝統を継承しながらも東西文明の融合を通じて新しい文化を創造しようという意志が込められた設計だった。高宗はソウル都市改造事業も進めていたが、伝統的な構造を損なわずに西洋の最新放射形道路体系を大漢門の前に導入した。

1919年三・一運動直後、臨時政府の時には大韓帝国に対する否定的認識はなかった。国号を制定する時、大韓帝国を継承する意味で大韓民国とする提案が絶対多数で採択された。高宗が無能だったという認識は日本によるわい曲である場合が多い。侵略を正当化するために、高宗と大韓帝国をさげすまなければならなかったのだ。講演が終わり、「このような話をなぜ今になって聞かなければならないのか」と質問する者もいたという。

高宗が東学農民を鎮圧するために清国の軍隊を引き込んだという話も作り出したのは、2000年に出した『高宗時代の再照明』で明らかにした。壬午軍乱以降、朝鮮に駐留した袁世凱が朝鮮民衆の怨念の声をおさえるために要請し、高宗はむしろこれに反対したという。(中央SUNDAY第542号)
日帝侵略は無効、歴史知らずに慰安婦被害者が代理戦(1)

日帝侵略は無効、歴史知らずに慰安婦被害者が代理戦(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    日帝侵略は無効、歴史知らずに慰安婦被害者が代理戦(3)

    2017.07.31 13:14
    뉴스 메뉴 보기
    1910年8月「併合条約」の韓国語・日本語版表紙。両方とも同じ色と文字で記されており、この冊子が同一人物の手によって作成されたと察することができる。これを記述したのは統監部韓国語通訳官、前間恭作であることが明らかになった。統監部が一方的にすべての条約文を準備し、大韓帝国政府の意向は反映されていないという物証だ。
    TOP