주요 기사 바로가기

「メジャーリーガー、東京オリンピック出場せず」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.11 13:03
0
2020年東京オリンピックにもメジャーリーガーは出場しない見込みだ。メジャーリーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッド・コミッショナーはメジャー選手の五輪出場に反対するという従来の立場を再確認したと、AP通信が11日伝えた。

五輪の野球は2008年北京五輪を最後に正式種目から除外された。この大会で韓国は9戦全勝で優勝し、最後の五輪チャンピオンとして残っている。2012年ロンドン五輪、2016年リオ五輪は野球の人気が低いところだった。

日本は2020年五輪の開催地に決まると野球種目の復活に率先し、米国もこれを支持した。しかし五輪にメジャーリーグの選手を派遣することについては依然として否定的だ。東京五輪は2020年7月24日から8月9日まで開催される。メジャーリーグのシーズン中だ。11日にメジャーリーグオールスター戦の記者会見に出席したマンフレッド・コミッショナーは「我々のトップ選手たちが五輪に出場するためにリーグを中断することは想像もできない。我々にはすでにワールド・ベースボール・クラシック(WBC)という代案がある」と述べた。

初期五輪で野球はイベント試合として1回ずつ行われた。1904年セントルイス五輪で野球が初めて登場し、1912年には米国がスウェーデンに13-3で勝ったという記録がある。1988年ソウル五輪当時は公開競技として行われ、米国の大学有望株選手が韓国を訪問した。野球が五輪の正式種目になったのは1992年バルセロナ五輪だ。北京五輪の後に除外されたが、昨年、国際オリンピック委員会(IOC)が第129回総会で野球-ソフトボール、サーフィン、スケートボード、クライミング、空手の5種目を正式種目として採択した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP