주요 기사 바로가기

韓国外交部長官「トランプの握手場面、すべて入手して分析」…その理由は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.07.04 13:38
0
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が「(ドナルド・トランプ米国大統領の)握手場面(握手の場面が映された映像資料など)は、入手できる限りすべて入手して分析した」と明らかにした。

康長官は3日午後、韓国メディア「聯合ニューステレビ」で臨んだインタビューで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の韓米首脳会談随行の事前準備過程を説明する途中でこのように説明した。トランプ大統領は他の国の首脳と会って握手をする時、強く握るか、長く握ったまま離さないといった独特の握手スタイルを見せて世界のメディアから関心を集めたことがある。外交部次元で文大統領とトランプ大統領の初めての対面を支援するために、トランプ大統領の握手の様子をまとめたビデオを入手して分析したという意味だ。

康長官は「大統領も(トランプの握手に対して)心の準備をしていたはずだが、いざ現場では気負いはなかったという」と明らかにした。

 
実際に文大統領の訪米期間中、トランプ大統領との握手の場面は国内外メディアの関心の的だった。トランプ大統領の「強い握手」がまた繰り出されるのか、関心が集まった。しかし、文大統領との握手で、トランプ大統領は握力勝負をするような握手を演出することはなかった。文大統領はトランプ大統領と握手をしながら左手で彼の右上腕部にそっと手を添えたりもした。

康長官は、文大統領とトランプ大統領の対面の雰囲気に関連しても「実際に遭ってみると2人はかなりリラックスした様子だった」とし「2人が互いに準備が整った状況で会ったということもあり、トランプ大統領が非常に歓迎する立場で大統領を迎えたため、初めての対面後3~4時間の間に包括的で率直な話を交わすことができたようだ」と述べた。

一方。トランプ大統領は2月、日本の安倍晋三首相と会談のときには19秒間の力強い握手で注目を浴びた。5月にもエマニュエル・マクロン仏大統領との初めての会談で、マクロン大統領の手に跡が残るほどの強い握手をした。

関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国外交部長官「トランプの握手場面、すべて入手して分析」…その理由は?

    2017.07.04 13:38
    뉴스 메뉴 보기
    康京和外交部長官(左)と文在寅大統領。(写真=青瓦台写真記者団)
    TOP