주요 기사 바로가기

韓米首脳会談を控え…トランプ大統領への対応法は?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.06.29 15:44
0
29、30日(ワシントン現地時間)に行われる文在寅(ムン・ジェイン)大統領とトランプ大統領の初めての首脳会談で韓米関係が分岐点を迎える。トランプ大統領の首脳会談を眺めてきたニューヨークタイムズ(NYT)とCNNが提示する会談守則は「ほめなさい、短く話しなさい」だ。NYTは「海外の官僚とワシントンの人たちは首脳会談に関連していくつかの規則を話している」とし、外交関係者の間で広まっている「トランプ対応法」を要約した。

(1)短く話せ

トランプ大統領は長い話を聞かない。報告を受ける時も、海外の首脳を相手にする時も、最高経営責任者(CEO)スタイルだ。ピーター・ウェストマコット元駐米英国大使は「トランプ大統領は訪問客が30分間ぶつぶつと話すことを決して望まない」と語った。トランプ大統領が出席した5月末の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を控え、参加国の間に「4分制限令」が下された。フォーリンポリシーは討論中の発言は2-4分に制限しようという話が加盟国の間で交わされたと伝えた。トランプ大統領が長い時間注目するスタイルではないからだ。

(2)自国の歴史を知っていると思うな

トランプ大統領は国際政治と外交の経験がない。他国の歴史と状況を深く知る機会も少なかった。4月に中国の習近平国家主席とした首脳会談の内容に関し「韓国は中国の一部だったと聞いた」と伝え、論議を呼んだりもした。韓国の歴史はもちろん韓国国民の情緒を知っていると思えば誤算ということを示唆している。

(3)オバマ大統領と比較しろ

トランプ大統領の内政・外交方向は前任者のオバマ大統領を否定することだ。健康保険改革からイラン・キューバたたきまで。北朝鮮に拘束され、昏睡状態で解放されて死亡したオットー・ワームビア氏についても「もっと早く帰国していれば全く違う結果になっていたかもしれない」と前政権を批判した。

(4)勝利を抱かせろ

秘法は、何かを与えて終わるのではなく、勝利の戦利品を抱かせる形にある。NYTは「ショッピングリストを持っていくのではなく、トランプ大統領が勝利と考える交渉案を持っていくべき」と提示した。トランプ大統領が望むのは単なる贈り物ではなく、自分の交渉力と外交力で海外の国が「バイアメリカン(Buy American)」に従うと認識させる必要があるということだ。韓米自由貿易協定(FTA)、北核戦略、高高度防衛ミサイル(THAAD)など両国関係の懸案で、表面上では負けながらも内心では勝ったと感じる、すなわち韓国の立場を確実に反映する戦略が求められるということだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP