주요 기사 바로가기

「韓国で暮らしたいです」高麗人4世ユリアさんの手紙

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.06.08 13:13
0
1864年に沿海州に渡り、1937年にソ連の独裁者スターリンによって中央アジアに強制移住された後、韓国に戻ってきた高麗人4世は祖国で暮らすことができない。19歳になるか、大学を卒業すれば出国しなければならない。現在韓国内に居住している高麗人4世の青少年1000人に関する話が青瓦台(チョンワデ、大統領府)に伝えられる。祖国に暮らしたいという80年間の請願が叶うわけだ。

「高麗人強制移住80周年国民委員会」は9日、ソウル「光化門(クァンファムン)1番街」の国民引継ぎ委員会事務室でハ・スンチャン大統領秘書室社会革新首席に会うことにしたと6日、明らかにした。国民引継ぎ委員会は国民が引継ぎ委員になって新政府に政策提案を行うことができるオン・オフラインの疎通窓口だ。

この日の面談は、ハ主席が高麗人国民委員会側に先に要請したもので、高麗人3~4世の3人と人権弁護士などが参加する。

この日、高麗人は1992年に制定された在外同胞法の改正を促すことにした。現行の在外同胞法施行令には高麗人を在外同胞に入れ「両親または祖父母のうち1人が大韓民国の国籍(1945年政府発足以降)を保有した者」に制限している。1945年政府発足以前に外国に出た高麗人を1世と見なしている。だが、法律上、国籍保有者を祖父母に制限しているために高麗人4世は在外同胞と認定されておらず、成人になると強制出国を余儀なくされる状況だ。

高麗人はこの日、ハ主席に会う前に光化門広場で「国民に送る手紙」を朗読する。手紙は3枚となっている。まず、ことし2月に「高麗人4世」に関して中央日報が初めて報じた当時、インタビューしたキム・ユリアさん(19)が「大韓民国で暮らしたいです」というタイトルの手紙を読む予定だ。

また、成人になると強制出国を余儀なくされる子供をもつ父親の心境を込めた「大韓民国で家族の世話をしたいです」という手紙は高麗人3世の父が朗読する。3回目の最後の手紙「われわれは痛くても3カ月を待たなければなりません」という韓国に居住しながらも在外同胞という理由で医療の恩恵を受けることができない現実を語る。

現行医療法には「在外同胞が医療保険の恩恵を受けようとすれば、就職後3カ月以上国内に居住しなければならない」という規定があるためだ。特に、すでに恩恵を受けているうちに他の会社に転職しても3カ月の規定が同様に適用される。

国民委員会のキム・ジョンチョン事務局長は「少なくとも家庭が解体されず、故国でありおじいさんの国である韓国で気楽に暮らしたいというのが彼らの希望」と話した。現在、韓国内に住んでいる高麗人は京畿道安山(キョンギド・アンサン)に約1万人をはじめ、全国的に約7万人が居住している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP