주요 기사 바로가기

東京-横浜、世界で特許出願最多…ソウルは4位

ⓒ 中央日報日本語版2017.05.31 07:59
0
東京-横浜地域が過去5年間で最多の国際特許出願を誇る世界最高の革新地区に選ばれた。

フィナンシャル・タイムズ(FT)は29日、このような内容をまとめた世界知的所有権機関(WIPO)の研究結果を報じた。報道によると、WIPOは2011年から2015年まで特許協力条約(PCT)に沿った国際特許出願95万件を、特許出願地が属する企業・機関・学校などを地域基準として、一つの塊(クラスター)でまとめた。この結果、東京-横浜クラスターは9万4079件で圧倒的な1位を占めた。

2位は「中国のシリコンバレー」と言われる深セン-香港クラスターで、同期間4万1218件だった。米国シリコンバレー(サンノゼ-サンフランシスコ)は3万4324件で3位。また、3万4200件の海外特許を出願しているソウルはシリコンバレーと僅差で4位に入った。

WIPOは、大学よりも企業が海外特許出願活動を活発に行い、クラスター形成を主導する傾向があると分析した。東京では三菱電機が、深センでは通信装備メーカーのZTE、シリコンバレーではグーグルが各クラスターの海外特許出願件数を引き上げていた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP