주요 기사 바로가기

北朝鮮「韓米情報機関、北首脳部のテロ企図」主張…労働新聞の報道

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.05.12 14:36
0
北朝鮮が韓国と米国の情報機関が最高首脳部に対するテロを企図していると主張した。

12日、北朝鮮労働党機関紙の労働新聞は「外務省は米国中央情報局(CIA)と南朝鮮傀儡国家情報院が最高首脳部を相手に生化学物質による国家テロを強行する目的下に侵入させたテロ犯罪の一党が摘発されたことと関連し、11日、人民文化宮殿で駐朝(駐北朝鮮)外交および国際機構代表のための情勢通知会を組織した」と報じた。

この席には韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官が出席し、米国CIAと韓国国家情報院が最高首脳部を狙ったテロを極秘裏に推進したことを示す証拠資料を提示し、関与者を罰するという原則を明らかにしたと労働新聞は伝えた。

あわせて労働新聞は、この日参加した韓外務次官が「米国中央情報局と傀儡国情院をはじめとする陰謀と謀略の巣窟、悪の根源を根こそぎ引きずり出す朝鮮式の反テロ打撃戦は即時かつ多発的に、強力に開始するだろう」と述べたと伝えた。

同紙は合わせて「駐朝外交および国際機構代表は特大型テロ陰謀行為に大きな懸念を示し、共和国の原則的立場に理解を表明した」と扇動した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP