주요 기사 바로가기

【コラム】「失われた韓国」、躍動性が答えだ(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.04.07 14:00
0
聞いた話だ。農場で働いていた2人が都会へ出ることにした。一人はニューヨーク行き、もう一人はボストン行きの汽車の切符を買った。汽車を待っている時だ。「ニューヨークの人々は人情がなくて道を教えても金を取るが、ボストンの人は乞食にも人情が厚い」という話を聞いた。2人は行き先を変えた。ニューヨーク行きの切符を買った男は「職にありつけなくても飢え死にはしない」とボストンに変えた。もう一人は「道を教えて金を取るなら金持ちになれる」とニューヨークに変えた。2人の運命が変わった。ボストンに行った人は働かなくても行きていけるので乞食に安住した。ニューヨークに行った男は金を儲ける機会が多いという考えに興奮した。他の人々が考えもつかなかったような植木鉢用の土の販売や看板清掃代行業に進出して大金を手に入れた。

これくらい話を進めた後、どんな人生を生きたいかと聞くと、ほとんどがニューヨークに行った男を選ぶ。現実に安住せず、運命を切り開いていく挑戦精神がうらやましいと言って。危機を機会と考える発想の転換、成功するために積極的に挑戦する企業家精神の話だ。国の経済も同じだ。そのような人々が多くいるべきだ。それでこそ躍動的な経済になる。低成長・両極化・青年失業など、韓国社会の数多くの難題が解決する。われわれ経済発展史がそうだった。挑戦する人々が次々と現れ、高速成長と分配の公平は同時に達成した。

躍動性は成長至上主義とは違う。成長は躍動性の結果だ。躍動性は生態系の復元だ。たとえば、韓国企業生態系の問題は、小企業は多く、中堅企業は脆弱で、大企業は希少だということだ。中堅企業に成長する中小企業はあまりなく、大企業になる中堅企業はもっとないからだ。失われた躍動性を取り戻す企業政策の目的は自明だ。小企業は中堅企業に、中堅企業は大企業に成長するために努力する構造を作ることだ。では躍動的な大企業政策は? 大企業が中小企業の成長を阻害しないようにしなければならない。不公正取引、オーナーの私益詐取、協力企業間だけの取引は根絶しなければならない。半面、継承問題は解かなければならない。継承はむしろ躍動性を充満させる人間の本性だからだだ。
【コラム】「失われ붂韓国」、躍動性が答えだ(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP