주요 기사 바로가기

世界最高シェフでも韓国料理は難しい(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.04.06 13:31
0
1/2
アレノ氏は李禹煥氏(写真)にビビンパでもてなし、「これはビビンパではない」と酷評されたこともある。
料理の核心はソース、それならレストランの核心は何か。意外にも、彼は都市を最もよく楽しむことができる「位置」を挙げた。アレノ氏は「パリに泊まる時はわざとパリの象徴であるエッフェル塔の近くのホテルに泊まる」とし「シグニエルソウルはソウルの新しいランドマークで、ソウルを最もよく感じることができる場所の上に、外ではなくそのランドマークの中に泊まることができるという点が魅力的」と話した。

厳しい美的感覚と味覚を持った彼が好きな食べ物は意外にもビビンパだった。普段からスパイシーな味も好むというアレノ氏は、韓国料理の中ではビビンパが一番お気に入りだという。ビビンパにまつわる笑えない思い出もある。2015年、長年の知人である韓国美術家の李禹煥(イ・ウファン)氏が家族と一緒に彼のレストラン「Pavillon Ledoyen」を訪れた。アレノ氏は歓待の意味でビビンパを出した。常連客の訪問、彼のための特別な料理、行き交う感謝の言葉。このようなストーリーが予想されるものだが、現実では思いがけない反転が待っていた。一緒に食事をした家族を先に送り出した後、李氏はアレノ氏に「これはビビンパでない」と酷評した。李氏は「翌日、韓仏首脳会談の晩餐にビビンパが出てくるから食べてみるといい」と言い残してレストランを離れた。翌日の晩餐で味わったビビンパは本当に驚きの味で、その時ようやく李氏の言葉を理解することができた。

スターシェフ、アレノ氏の名声のおかげでstayはオープンと同時に連日大賑わいだ。オープン前に予約を受け付けていなかったにもかかわらず連日満席で、初めての週末である8日ディナーの予約もあっという間に締め切られた。アレノ氏は「クォリティーを維持してミシュラン星2ツを目指している」と述べた。美食の中心地パリですでに星3ツのレストラン2カ所を運営している彼が、星2ツという「素朴な」目標を立てたのには訳がある。stayが重い雰囲気のファインダイニングではないためだ。実際、単品は2万ウォン台中盤から、ランチコースは5万8000ウォンから、ディナーは9万8000ウォンからだ。決して安いとは言えないが、同レベルのフレンチレストランと比べると価格競争力がある。

「フレンチは時間が長くかかって高いというイメージが強いでしょう。stayは若くて活気に満ちた雰囲気の中、合理的な価格で良質の料理とサービスを経験できる空間にしていく予定です」。
世界最高シェフでも韓国料理は難しい(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP