주요 기사 바로가기

サムスン、ニューヨークでギャラクシーS8公開…バッテリーの悪夢克服できるか(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.30 09:22
0
ギャラクシーが帰ってきた。サムスン電子は29日、米ニューヨークで新しいスマートフォン「ギャラクシーS8」と「ギャラクシーS8プラス」を公開した。新製品には独自開発した人工知能「Bixby」、素早いロック解除を助ける顔認識機能、各種電子製品を制御するモノのインターネット(IoT)など新技術が大挙搭載された。また、ディスプレーのベゼルを大きく減らし、「S7」より画面を18%拡大した。S8でサムスン電子が「ノート7」のバッテリー問題のショックから抜け出せるだろうか。昨年秋のノート7生産中止で昨年10-12月期にサムスン電子は5年ぶりに世界のスマートフォン市場でアップルに遅れを取り2位を記録した。

ベゼルがほとんどなくなったからなのか画面がぐっと大きく見える。前作の「S7エッジ」より0.4ミリメートル厚くなったが手にすっぽり収まる感じが良い。サムスン電子が米ニューヨークで29日に公開したスマートフォン新作ギャラクシーS8とS8プラスを象徴する単語をひとつ挙げるなら「進化」だ。デザインから機能まで大きく変わった。

まずサムスン電子が世界で初めて装着した顔認識機能。画面上段の環境設定で「安全に顔認識を使う」をタッチすると、「携帯電話と顔の距離8~20センチメートル維持してください」と表示された。適当な距離を置いてスマートフォンを見つめるとすぐに映像撮影カメラが顔を認識する。これで顔がロック装置として登録された。どれだけ速くロックが解除できるか。テーブルに置いておいた電話を見つめるとすぐ画面ロックが解除された。ノート7に装備された虹彩認識に続き大きな話題を集めそうだ。もちろん虹彩認識機能もS8に搭載されている。

だが、だれかが寝ている私の顔に電話を差し出してロックを解除したどうするのか。幸い目を閉じたまま電話を見たら顔を認識できなかった。

サムスン電子のチェ・スンミン無線事業部商品企画担当は「セキュリティレベルが高い虹彩と指紋はサムスンペイに活用し、顔認識はスマートフォンのロック解除など補完機能として使えば便利だろう」と話した。
サムスン、ニューヨークでギャラクシーS8公開…バッテリーの悪夢克服できるか(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP