주요 기사 바로가기

金正男氏の息子を支援したという「千里馬民防衛」、実体は不明

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.09 16:20
0
キム・ハンソル氏(22)を支援してきた団体は「千里馬民防衛」という名前を出している。初めて聞く名称であるうえキム・ハンソル氏の所在を知っているとみられ、その実体に関心が集まっている。この団体のホームページは4日に制作され、サーバーのIPアドレスは米アリゾナにある。管理会社はパナマに登録されている。

千里馬民防衛は金正男(キム・ジョンナム)氏が13日にクアラルンプール国際空港で暗殺された後、キム・ハンソル氏と家族の脱出を支援したと主張した。他の北朝鮮住民の脱北も何度か支援したと明らかにした。ホームページには、「北朝鮮高位幹部」と自身を明らかにし「私の脱出過程に高級乗用車、飛行機までが動員されて驚いた」という主張もある。北朝鮮では「民防衛」という表現をあまり使わないと脱北者は話す。ただ、労働党中央委専門部署に民防衛部(部長イ・ヨンレ)がある。正規軍でなく労農赤衛隊や教導隊のような非正規武力を管轄する。これらを合わせて民防衛武力と呼んだりもする。

千里馬とは北朝鮮体制を象徴する用語の一つとみられる。平壌(ピョンヤン)で出版された『朝鮮語大辞典』(2007年版)は「非常に速い速度で社会主義建設を進めていく朝鮮人民の革命的気質を象徴的にいう言葉」と説明している。民防衛や千里馬のような言葉が帯びるこうした北朝鮮体制寄りのイメージから見ると、キム・ハンソル氏や脱北者を支援する団体の名称にはふさわしくないという指摘がある。この団体は千里馬を「Cheollima」としているが、これは韓国式ローマ字表記法だ。北朝鮮官営朝鮮中央通信の英語版は先月1日、千里馬製鋼連合所関連の報道で千里馬を「Chollima」と表記した。このため北朝鮮エリート階層や脱北団体が関与しているというより、西側が主導した機構または別の目的で作られた団体である可能性がある。

この団体は「人道的な活動をする。いかなる対価も望まない」としながらも「財政支援を希望する場合は匿名で可能」と強調した。オンライン上の仮想貨幣「ビットコイン」アドレスを公開し、決済を要請したりもした。これに対し「純粋性が疑わしい」という指摘もある。

政府当局者は「具体的な実体が把握されるまで、この団体にキム・ハンソル氏支援や脱北者支援のために資金を送るのは慎重であるべき」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP