주요 기사 바로가기

金正男氏の息子を支援した「ある無名の政府」とは?

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.09 15:01
0
先月13日にマレーシアで殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の息子キム・ハンソル氏が8日、電撃的に登場した。自称脱北者支援団体「千里馬民防衛」(Cheollima Civil Service)表示で公開されたユーチューブの映像でだ。動画の公開後、韓国国家情報院は「ユーチューブ上のキム・ハンソル氏は本人に間違いない。本人が載せたとみられる」と公式的な立場を明らかにした。金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長の異母兄であり金日成(キム・イルソン)主席の嫡孫である金正男氏毒殺事件から24日目に初めて登場したのだ。

約40秒間の映像でキム・ハンソル氏は黒のジャンパーを着ていた。キム・ハンソル氏は英語で「私の名前はキム・ハンソル。北朝鮮出身で、金一族の一員(part of the Kim family)」と自分を紹介した。そして自分のパスポートをカメラに向けて身元確認をした。しかし映像製作者はパスポートの詳細内容は黒く処理して見えないようにした。

キム・ハンソル氏は「私の父は数日前に殺され、私は今、母、妹と一緒にいる」と伝えた。流ちょうな英語で、中低音の声だった。キム・ハンソル氏は2012年、フィンランドのある放送局のインタビューに応じたが、当時の発音と似ていた。続いてキム・ハンソル氏は脱出を支援した人物に感謝の意を伝えた。その対象は映像では音声消去処理されたが、千里馬民防衛という団体は消去された音声の内容をオンライン上で知らせた。その内容は「急な時にある家族の人道的待避を支援してくれたオランダ政府と中国政府、米国政府とある無名の政府に感謝の意を表す。また、北朝鮮体系の中で支援してくれた同僚に謝意を表す」だった。

キム・ハンソル氏とその家族が安全なところに移動したのなら、米国、中国、オランダともう一つの国の連合作戦があったと分析される。「無名の政府」とは韓国ではないのかという質問に対し、国家情報院は「キム・ハンソル氏本人であることが事実ということ以外は確認できない」と答えた。

千里馬民防衛はホームページに自らの名義で「急な支援を要請した時、我々に迅速に応じてくれたエンブレヒツ駐朝鮮-駐韓オランダ大使に特に感謝する」とも明らかにした。そしてキム・ハンソル氏の安全のためにこれ以上の情報は流さないと伝えた。

エンブレヒツ駐韓オランダ大使は駐北朝鮮大使も兼ねている人物だ。在韓オランダ大使館側は、エンブレヒツ大使がキム・ハンソル氏に関連する支援活動をしたかどうか確認要請を受けると、「現在は答えることができない」と述べた。肯定も否定もしなかったのだ。エンブレヒツ大使は金正男氏殺害事件が発生したマレーシアとも縁もある。2005-09年にマレーシアでオランダ大使を務めた。エンブレヒツ大使は7日、JTBCが中継する2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドの韓国-オランダ戦で始球式をするなど公共外交にも努力してきた。ソウル高尺(コチョク)ドームで行われたこの日の試合の前、エンブレヒツ大使はジーンズ姿を始球式をした。ソウル中区貞洞(チョンドン)にあるオランダ大使館には記者が集まったが、エンブレヒツ大使の姿は見えなかった。エンブレヒツ大使はメールでの質問にも答えなかった。

キム・ハンソル氏の行方と安全の問題は金正男氏殺害後の関心事だった。キム・ハンソル氏は2012年、フィンランドの放送のインタビューで金正恩委員長を「独裁者(dictator)」と表現した。続いて「いつか北朝鮮に戻って住民の生活環境を改善したい」という希望も明らかにした。

キム・ハンソル氏は父の金正男氏とソーシャルネットワークサービス(SNS)上で仲の良い親子関係を見せた。キム・ハンソル氏のフェイスブックでは、金正男氏と推定される人物がキム・ハンソル氏の写真を見て「お前、太ったのでは」と英語でコメントすると、キム・ハンソル氏は「ハハハ、健康である証拠」と答えている。ここには「民主主義と共産主義のうちどちらの体制が好きか?」という投票コーナーも開設されていたが、キム・ハンソル氏は民主主義に一票を投じた。

キム・ハンソル氏は過去に白のタキシードを着て外国人女性と撮った写真も載せている。この女性は「I love you」というコメントを載せ、以前に話題になったことがある。キム・ハンソル氏はDNA確認と遺体引き渡しのためにマレーシアに来るという噂が広まっていたが、結局、事実でないことが分かった。マレーシア当局は「DNAを確認する別の方法もある」とし、キム・ハンソル氏側を訪問するなどの方法を探っている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP