주요 기사 바로가기

<WBC>韓国、オランダに勝てば1次ラウンド1位の可能性

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.03.02 16:37
0
7日に行われる韓国-オランダ戦は、2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドA組の最高のビッグマッチだ。勝者はA組1位で2次ラウンドに進出する可能性が高い。オランダは2013年WBC1次ラウンドで韓国を5-0で破り、旋風を起こして4強入りした。4年前よりさらに強い戦力で今大会に臨む。

欧州で野球は人気スポーツではない。しかしオランダ代表はカリブ海沿岸の海外領土アルバとキュラソー島出身の選手が中心だ。今大会にオランダ代表のコーチとして参加したキュラソー島出身のアンドリュー・ジョーンズ(40)はメジャーリーグで434本塁打をマークした。ジョーンズの成功を見たキュラソー島の子どもたちは野球を通じてアメリカンドリームを夢見ている。いわゆる「ジョーンズ・キッズ」のジョナサン・スコープ(26、ボルティモア)、ティディ・グレゴリウス(27、ニューヨーク・ヤンキース)、ザンダー・ボガーツ(25、ボストン)は昨年メジャーリーグで本塁打20本以上を放った強打者だ。日本プロ野球シーズン最多本塁打記録(2013年60本)を持つウラディミール・バレンティン(33、ヤクルト)もいる。

オランダ代表のヘンスリー・ミューレン監督(50)は2000年に韓国プロ野球SKでプレーした経験がある知韓派だ。ミューレン監督は1日の記者会見で「韓国に勝つのは容易でない。我々のチームにはメジャーリーガーが多いが、チームとして調整する時間が足りない」と話した。オランダは投手陣が野手陣に比べて相対的に弱い。日本プロ野球で活躍するリック・バンデンハーク(32、ソフトバンク)がオランダのエースだ。2013年から2年間、KBOリーグのサムスンに所属していた。しかしバンデンハークの後ろを支える投手が多くない。オランダ投手陣11人のうち8人は昨年、オランダのセミプロチームでプレーした。

9日に韓国と対戦する台湾はA組で最も評価が低い。今年のWBCを控え、代表チームの構成に苦労した。チェン・ウェイン(32、マイアミ)、王建民(37、カンザスシティ)など米国でプレーする主軸投手、読売の外野手・陽岱鋼(30)が代表チームから抜けた。米ESPNはWBC本大会進出16カ国のうち台湾の戦力を10位と評価した。台湾の郭泰源監督(55)は「投手陣が最も大きな悩み」と語った。しかし三塁手・林智勝(35)がいる打線は無視できない。林智勝は昨年、台湾プロ野球で打率3割3分7厘、34本塁打(1位タイ)、107打点をマークしたベテランだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP