주요 기사 바로가기

<WBC>韓国監督「日本戦まだ考えていない、1次ラウンド通過が最初の目標」

ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版2017.02.27 11:35
0
韓国代表がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド進出に死活をかける。

金寅植(キム・インシク)韓国代表監督は24日、ソウル高尺(コチョク)スカイドームでの練習の前、「まずは1次ラウンド通過が目標」と強調した。大谷翔平(日本ハム)が抜けた日本代表との対戦について尋ねる取材陣の質問に「そこまでまだ考えていない。1次ラウンドに全力を尽くす」と述べた。

オランダ・イスラエル・台湾と同じA組の韓国は組2位以上になる場合、東京ドームで行われる2次ラウンドに進出する。日本とキューバが出てくると予想されるB組の上位2チームと3次ラウンド進出をかけて対戦することになる。

関心を集めるのはやはり韓日戦だ。日本はエースと4番打者がともに可能な大谷がけがのため代表メンバーから抜けた。金監督は「1次ラウンドを通過した時のことを考えれば、大谷がいるかいないかはかなりの差があると考える」と慎重に語った。

一方、韓国代表は25、26日にキューバと評価試合を行い、2連勝した。今後、28日に豪州、3月2日に尚武野球団、4日に警察庁と練習試合を払う。場所はすべてWBC1次ラウンドが行われる高尺(コチョク)スカイドーム。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    <WBC>韓国監督「日本戦まだ考えていない、1次ラウンド通過が最初の目標」

    2017.02.27 11:35
    뉴스 메뉴 보기
    WBC韓国代表の金寅植(キム・インシク)監督
    TOP