주요 기사 바로가기

光化門広場で引火物質・血書・集団暴行…三一節も衝突懸念=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.02.27 07:57
0
ソウル南大門(ナムデムン)警察署はこの日午後2時ごろ、大漢門付近で2リットルの引火性物質2本を所持していた男(68)を立件した。目撃者によると、男は「共産主義者を捕まえるために割腹自殺しにきた」と叫んだという。光化門では全国農民会総連盟が「お前たちの世の中は終わった」という内容の血書を書いた。

広場の葛藤は日常にも表れている。ソウル九老(クロ)警察署は18日、地下鉄1号線列車の中で「金正恩(キム・ジョンウン)を逮捕するべきかどうか」と尋ねながら乗客の顔を殴った30代の男を逮捕した。この男は太極旗集会に参加しに行くところ、自分を見つめた市民に暴行を加えた。

ろうそく集会に何度か参加しているというチェさん(60)は「同じ年頃の友人たちが最近になっていわゆる『偽ニュース』をより頻繁に送り始めている。一日に2、3回はある」と話した。チェさんが見せたスマートフォンには「文在寅(ムン・ジェイン)秘密資金暴露記者会見」「コ・ヨンテと秘密場所で会った検察」など出どころ不明のニュースが活発に共有されていた。昨年12月のある時事番組で「応戦集会の資金源は崔順実(チェ・スンシル)被告」という発言をした河泰慶(ハ・テギョン)正しい政党議員は、弾棄国の会員5433人に50億ウォン(約5億円)台の損害賠償請求訴訟にあった。

26日の光化門広場では、先月7日のろうそく集会で「朴槿恵は内乱事犯」という遺書を残して焼身自殺した僧侶(64)の四十九日行事が行われた。弾棄国は同日、大邱(テグ)で太極旗集会を開いた。27日には憲法裁判所の前で双方の記者会見が予告されている。
光化門広場で引火物質・血書・集団暴行…三一節も衝突懸念=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    光化門広場で引火物質・血書・集団暴行…三一節も衝突懸念=韓国(2)

    2017.02.27 07:57
    뉴스 메뉴 보기
    朴槿恵大統領弾劾賛否集会が25日、ソウル世宗路で開かれた。反対集会の参加者が大漢門の前で大極旗を振っている。
    TOP