주요 기사 바로가기

韓国国会議長-中国主席の会談、与野党の葛藤で取り消し

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.02.03 15:39
0
中国の習近平国家主席との会談日程まで確定した丁世均(チョン・セギュン)国会議長の中国訪問計画が取り消しになった。政界と外交消息筋によると、国会は2日、こうした内容が入った丁議長名義の書簡を外交経路を通じて招請者の張徳江中国全国人民代表大会常務委員長あてに送った。

この日、匿名を求めた国会の関係者は「丁議長の訪中関連協議は昨年11月に開始し、カギであった習主席との会談日が今月15日に決まったという通知を受けた」とし「丁議長は先週、尹炳世(ユン・ビョンセ)外交長官から高高度ミサイル防衛(THAAD)体系など懸案に関するブリーフィングを受けるなど訪中の準備をしてきた」と伝えた。続いて「しかし院内4党の政策委議長や国会副議長級を含む超党派の訪中団の構成について与野党間の隔たりが埋まらず、丁議長が悩んだ末、訪中をあきらめることになった」とし「昨年6月の黄教安(ファン・ギョアン)首相の訪中以来、最高位級の交流となる国会議長の訪中を我々の事情で突然取り消したことで、外交的欠礼という声とともに韓中関係がさらにこじれないか懸念される」と話した。

丁議長の訪中は表面的には張徳江全人代委員長の2015年の訪韓に対する答礼訪問の形だ。しかしTHAAD配備発表後に悪化した韓中関係を高位級議員外交で解決するという次元で進められてきた。この過程で韓国側は習主席との会談を訪中の条件とし、中国側も積極的な姿勢を見せた。先週、習主席との会談だけでなく丁議長一行の地方訪問日程まで最終調整を終えた。国会議長室の関係者は「習主席との会談は事前に確答を与えない慣例とは違い、今回は高位外交官が会談の日程を知らせてきた」と説明した。別の消息筋は「中国側が積極性を見せたのは丁議長がTHAAD配備を積極的に推進する与党でない野党所属である点も作用したとみられる」と話した。

当初、訪中団の一員として参加する計画だった共に民主党の宋永吉(ソン・ヨンギル)議員は中央日報との電話で、「丁議長は超党派の訪中団の構成を希望したが、セヌリ党が協調的でなかった。野党だけの訪中団構成はTHAAD問題など敏感な懸案で誤解を招く恐れがあり、訪中自体を取り消した」とし「3月の中国の全人代日程とその後の韓国の大統領選挙を勘案すると、次期政権の発足まで国会議長の訪問は難しいようだ」と話した。これに先立ち国民の党の鄭東泳(チョン・ドンヨン)議員を団長とする与野党議員の国際懸案関連研究会も先月18日に訪中する予定だったが、セヌリ党側の直前の不参加決定で実現しなかった。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP