주요 기사 바로가기

世界最小の日本の衛星ロケット、打ち上げ失敗

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.16 08:58
0
日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した世界最小のロケットが打ち上げに失敗した。

読売新聞は15日、この日午前に鹿児島県内之浦の宇宙空間観測所で打ち上げた小型ロケット「SS520」4号機にトラブルが発生し太平洋に落ちたと報道した。

SS520は東京大学が開発した3キログラムの超小型衛星を搭載した。打ち上げ7分30秒後に高度200キロメートルの軌道に投入される予定だった。ロケットの長さは9.54メートルで、衛星を搭載したロケットとしては世界最小規模だ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    世界最小の日本の衛星ロケット、打ち上げ失敗

    2017.01.16 08:58
    뉴스 메뉴 보기
    宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発した「SS520」。(写真=JAXAインスタグラム)
    TOP