주요 기사 바로가기

初の韓国産狙撃用小銃K-14、国産化100%達成

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2017.01.02 13:25
0
1/2
K-14狙撃小銃。(写真=防衛事業庁)
韓国防衛事業庁は、K-14狙撃用小銃の開発会社であるS&Tモチーフが狙撃用小銃K-14の昼間照準鏡と弾薬を国産化することに成功したと1日、明らかにした。

これでK-14の100%国産化に達成したと、防衛事業庁は説明した。今までK-14の昼間照準鏡と弾薬は輸入に依存してきた。100%国産化で価格競争力を備えて輸出の可能性がさらに高まるものと、防衛事業庁とS&Tモチーフは期待している。

K-14は韓国国内で初めて開発された狙撃用小銃だ。長さは1.15メートル、重さは5.5キロ(照準鏡・弾倉除外)だ。有効射距離800メートルであり、命中率は100ヤード(約91.4メートル)基準に1MOA程度だ。他国の主力狙撃小銃に比べても、それほど劣らない仕様だ。2013年から特殊戦司令部や海兵隊を中心に普及した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP