주요 기사 바로가기

<崔順実ゲート>親朴・非朴系から「4月退陣・6月大統領選論」急浮上

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.12.01 13:38
0
セヌリ党で朴槿恵(パク・クネ)大統領の来年4月退陣・6月早期大統領選カードが急浮上している。朴大統領は11月29日、3回目の国民向け談話で「任期短縮を含む進退の問題を国会に委ねる」と明らかにしながらも、具体的な退陣の時期を言及しなかった。これに対し、朴大統領の弾劾を準備してきたセヌリ党非主流議員からなる「非常事態委員会」の報道官、黄永哲(ファン・ヨンチョル)議員は30日、記者会見で「大統領が自ら(重鎮らが提示した退陣の時点である)来年4月末までに辞退すると期限を明らかにすれば、弾劾案表決を見送る可能性もある」と述べた。朴大統領が来年4月に退くとしたら、選挙法上60日以内に大統領補欠選挙を行わなければならない。

親朴系のトップともいえる徐清源(ソ・チョンウォン)議員も側近を通じて「4月退陣に対する党内の共感が形成されただけに、党内指導部が野党と協議してほしい」という立場を明らかにした。セヌリ党の鄭鎭碩(チョン・ジンソク)院内代表は議員総会で「重鎮が提示した『4月辞退・6月大統領選』の日程が基準になり得る」と話した。

青瓦台(チョンワデ、大統領府)の鄭然国(チョン・ヨングク)報道官は「大統領は国会がどんな決定をしても、与野党が合意して決めた事案は受け入れる」と話した。

非主流側のある再選議員は「大統領が下野を意味する任期短縮まで明らかにしたなかで、弾劾賛成の立場をそのまま貫き難い非朴系の一部と、弾劾訴追案議決だけは阻止しようとする親朴系の意見が、来年4月退陣論でまとまろうとしている」と話した。

だが、共に民主党の秋美愛(チュ・ミエ)代表、国民の党の朴智元(パク・ジウォン)非常対策委員長、正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)代表など野党3党の代表らは、この日午前、会合でセヌリ党の弾劾不可要求を一蹴し、先に弾劾を推進すべきとの立場を明確にした。野党3党の代表は▼朴大統領が提案した任期短縮関連の与野党交渉を拒否し▼弾劾を12月2日または9日までに推進する--という意見を取りまとめた。

共に民主党の禹相虎(ウ・サンホ)院内代表は中央日報の電話取材に対して「与党が大統領の退陣日を決めようが、大統領が退陣日を確定しようが、私たちはこれとは関係なく12月9日まで予定通りに弾劾を推進していく」と話した。また、「セヌリ党が主張している4月退陣論は受け入れない」と明らかにした。しかし、共に民主党の非主流議員と国民の党の内部からは「朴大統領の退陣日程が確定すれば、対応戦略を改めて立てる必要があるのではないか」という声も出ている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP