주요 기사 바로가기

「青瓦台は日帝時代の総督官邸場所に建てたコンクリート韓屋」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.30 09:11
0
最近、大韓民国の国民が最も心配しているところは青瓦台(チョンワデ、大統領府)だろう。「崔順実(チェ・スンシル)国政壟断」のメーン舞台だからだ。朴槿恵(パク・クネ)大統領は29日、青瓦台春秋館で発表した3回目の国民向け談話で、「今回の事件の経緯は近いうちに詳細に明らかにする」と述べ、また記者の質問を受けずに退いた。依然として青瓦台の内部事情は霧の中だ。

大統領の仕事場であり生活場所である青瓦台が「不通1番地」になったのは人だけが原因だろうか。青瓦台本館は1991年の完工から25年間にわたり「問題作」に挙げられている。内部の疎通が難しい構造であるため改造または移転するべきだという主張が選挙が行われるたびに出てくる。問題点は3つに要約される。建物の配置、構造および形態、位置だ。

26日に光化門(クァンファムン)広場一帯で開かれた第5回ろうそく集会で、集会参加者と青瓦台の距離(正門基準)は200メートルにまで近づいた。裁判所が清雲孝子洞住民センターまで昼の行進を許可したのだ。しかし青瓦台本館の執務室と秘書棟の為民館の直線距離は500メートルにのぼる。車で5分、徒歩で10分以上かかる。

ダンウ建築のチェ・ミョンチョル代表は「民主的な疎通空間を前面に出す米ホワイトハウスの場合、大統領執務室と秘書室、補佐官室、報道官室がすべて1階に狭い廊下の間に集まっている」とし「英国首相官邸があるダウニング街10番地も同じ」と説明した。

本館と秘書棟の距離を近づけるべきだという声は国会でも出ている。昨年10月の国会運営委員会予算審議で、与野党議員は再配置のための予算を確保すると提案した。すると「門番3人組」と呼ばれた李在万(イ・ジェマン)前総務秘書官の返答はこうだった。

「青瓦台の大統領執務室は本館だけでなく為民館など数カ所にある。通常的に為民館にある執務室もよく利用する。大統領と職員の間の疎通は今でも問題がない。改善すべきだという意見について1年間検討し、2017年の予算に反映するかどうかを決めることにする」。

建築界は青瓦台の構造と形態にも問題があると指摘する。外観は韓屋だが、内部は木造でなくコンクリートという点でだ。なぜ青瓦台を「コンクリート韓屋」にしたのだろうか。当時設計を引き受けたチョンリム建築のキム・ジョンシク代表は2011年に出版した回顧録で「青瓦台はいろいろと論争があった」とし「本館を2階にしようとすれば屋根をどのような形態にするかをめぐり、洋式か、それとも韓国スタイルで伝統的な様式にするかという論争があり、結局は伝統に傾いた」と伝えた。
「青瓦台は日帝時代の総督官邸場所に建てたコンクリート韓屋」(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「青瓦台は日帝時代の総督官邸場所に建てたコンクリート韓屋」(1)

    2016.11.30 09:11
    뉴스 메뉴 보기
    ソウル景福宮(キョンボックン)の後方、北岳山(プガクサン)の麓にある青瓦台本館。2階にある大統領執務室は出入り口から大統領の椅子まで15メートルもある。長官が報告を終えた後に後ろ向きに歩いて出てきて倒れたというエピソードもある。選挙のたびに改造または移転の話が出ている。(中央フォト)
    TOP