주요 기사 바로가기

<崔順実ゲート>「朴槿恵大統領は崔順実容疑者と共犯」訴状に記載

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.11.20 10:02
0
検察特別捜査本部は20日、崔順実(チェ・スンシル)容疑者(60)と、前青瓦台(チョンワデ、大統領府)政策調整首席秘書官の安鍾範(アン・ジョンボム)容疑者(57)、前青瓦台第1付属秘書官のチョン・ホソン容疑者(47)を一括で起訴する。検察当局関係者は19日、「起訴状に朴槿恵(パク・クネ)大統領が崔容疑者の事実上の共犯と記録された」と話した。同関係者は崔容疑者と安容疑者が共犯と記載されたミル財団・Kスポーツ財団設立と基金募金過程に対する職権乱用容疑に対し、「朴大統領は事前に崔容疑者と議論し、安容疑者に指示したと記述されたものと承知している」と伝えた。

検察はまた、チョン容疑者の公務上秘密漏洩容疑でも「大統領の指示で」と表現し、崔容疑者に伝えられた演説文書などが朴大統領の指示で伝えられたことを明示したという。

検察によると、朴大統領は崔容疑者とミル財団・Kスポーツ財団設立を議論し大企業を対象とする募金を主導した。崔容疑者との議論の末に朴大統領は昨年7月24日と25日に李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長ら大企業オーナー7人と単独で面談し、ミル財団・Kスポーツ財団設立に対する支援を要求した。朴大統領はその後安容疑者にミル財団の名前を説明し財団役員の名前も詳細に教えた。その後安容疑者は全国経済人連合会の李承哲(イ・スンチョル)副会長らとともに大企業から774億ウォンの資金を集めた。

こうした内容は安容疑者が7日に検察に提出したダイアリーで確認された。ダイアリーには安容疑者が青瓦台で勤務し朴大統領から受けた指示事項がぎっしりと記されていた。安容疑者は「朴大統領がミル財団・Kスポーツ財団の設立と運営を詳細に指示した」と検察で陳述した。これとともにチョン容疑者の公務上秘密漏洩容疑の共犯としても記録された。崔容疑者が使ったタブレットPCに保存された朴大統領の演説文と各種外交文書などがチョン容疑者から伝えられた容疑だ。チョン容疑者は検察で大統領の指示により文書を伝えたことを認めた。これに先立ち朴大統領は先月25日の対国民談話で「就任後一定期間は一部資料に対して崔順実氏に意見を聞いたことがある」と認めていた。朴大統領の崔順実国政介入容疑が検察の訴状で指摘されることにより政界での弾劾の動きに弾みがつきそうだ。(中央SUNDAY第506号)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP