주요 기사 바로가기

「2033年火星に行った初の人類、私が韓国人に変えました」(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.17 10:26
0
それでもドラマの演技、しかも1人2役は生易しい挑戦ではなかったはずだ。キム・ジへは「演技のテクニックを表面的に取り繕うのではなく、自分が持つ本能を信じた」と言った。「数カ月前、数年前に書いた歌を歌いながら、その都度曲の感情を思い起こさなければならないのですが、そのようなやり方でカメラの前に立ったんです」。キム・ジへは「次の段階はジュンとハナについて、台本にあるすべてのことを把握して台本にない空欄を埋めることだった」とし「それぞれのキャラクターに対して自分自身の男性的、女性的な両面性から出発した」と伝えた。2人の姉妹の違う面は、姉妹のティーン時代を描く『マーズ』プロローグ編でもはっきりと現れている。このような2人が双子、すなわち火星宇宙船と地球の血縁的な絆であるということは意味深長だ。「双子を演じながら知るようになった最も驚くべき点は、その絆の深さがどの人間関係とも比較できないということです。母娘関係よりも深いのです。ある面では心と魂を共有したりもします」

科学的事実に忠実なドラマにふさわしく、さらなる準備過程も経た。「米国黒人女性初の宇宙飛行士メイ・ジェミソン博士から、一週間、訓練を受けました。それだけでなく非常に沢山の勉強と調査をしました」

インタビューの最後に、キム・ジへはマルチアーティストとして韓国に対して高い関心を示した。「数年前、私の3rdコンセプトアルバムに基づいて、ジョン・パトリック・シャンリィ(映画『ダウト~あるカトリック学校で~』『月の輝く夜に』の脚本家・監督)とロックオペラを作ったことがある」とし「韓国の伝説と現代哲学をミックスさせた公演ミュージカルを創作しようと韓国伝来の説話を調査している」と伝えた。「韓国ではアートとデザインが盛んだと聞いているので、行って確認してみたと思っています。そういえば韓国には長い間行っていませんね」
「2033年火星に行った初の人類、私が韓国人に変えました」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「2033年火星に行った初の人類、私が韓国人に変えました」(2)

    2016.11.17 10:26
    뉴스 메뉴 보기
    キム・ジヘはこのドラマで宇宙船「ダイダロス」に乗って火星に行くソフトウェアエンジニア「ハナ・ソン」と地上通信スタッフ「ジュン・ソン」という韓国系米国人の双子姉妹を1人2役で演じた。(写真=ナショナルジオグラフィックチャンネル)
    TOP