주요 기사 바로가기

「済州の海女文化」、ユネスコ無形文化遺産登録が確実視

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.11.01 08:21
0
ユネスコ人類無形文化遺産登録を申請している「済州(チェジュ)の海女文化」がユネスコ無形遺産委員会傘下の評価機関から「登録勧告」の判定を受けたと文化財庁が31日に明らかにした。

無形遺産委員会評価機関は登録申請された遺産を審査し、登録勧告、保留、登録不可の中から結論を選び作成した報告書を委員会に提出するが、登録勧告判定が覆されたケースはほとんどない。

これに伴い、済州の海女文化は韓国の19番目の人類無形文化遺産になることが確実視される。済州の海女文化の人類無形文化遺産登録の可否は11月26日から12月2日までエチオピアのアジスアベバで開かれる第11回無形遺産委員会で最終決定される。韓国はパンソリ、カンガンスルレ、テッキョン、韓山地域のカラムシ織り、アリラン、キムジャン、農楽、など18件の人類無形文化遺産を保有している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「済州の海女文化」、ユネスコ無形文化遺産登録が確実視

    2016.11.01 08:21
    뉴스 메뉴 보기
    海女
    TOP