주요 기사 바로가기

揺れる朴大統領のリーダーシップ…元老、政界、専門家が提言(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.27 10:30
0
◆「盧泰愚政権任期末の玄勝鍾首相中立内閣を見習うべき」

政界の元老や専門家は朴大統領のリーダーシップ危機を国家危機事態と規定し、人的刷新のほかにも「責任首相(大統領の権限を分担する首相)制度」導入の必要性を強調した。与野党の合意で首相を選出した後、「行政に関して大統領の命を受けて行政各部を統轄する」(憲法86条2項)という憲法上の権限を実際に付与しようということだ。

盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で青瓦台政策室長を務めた金秉準(キム・ビョンジュン)国民大教授は「改憲カードを取り出した朴大統領が、先に内閣制や二元執政府制を現実政治で実験できるよう、新首相を国会で選出して責任を持って行政各部を統轄できるようにすればよい」と提案した。金教授は「野党も批判ばかりするのではなく、国政の責任を共に負うという姿勢で首相を推薦し、大統領がこれを受け入れればよい」と強調した。

宋虎根(ソン・ホグン)ソウル大社会学科教授も「首相を新しく任命して全権を与え、経済・安保分野にはそれぞれの責任者を任命し、権力を委任する形で危機管理内閣を構成する必要がある」とし「大統領は内閣を調整する形で来年の大統領選挙に入っていかなければいけない」と述べた。宋教授は盧泰愚(ノ・テウ)元大統領が1992年の第14代大統領選挙を2カ月後に控え、当時、与野党の意見を聞いて玄勝鍾(ヒョン・スンジョン)首相を任命した事例を例に挙げた。

政界では挙国中立内閣を構成する場合は協力するという発言が出てきた。文在寅(ムン・ジェイン)前民主党代表は「漂流する国政を収拾する道を探すべき」と題した緊急声明で「大統領は党籍を捨てて国会と協議し、挙国中立内閣を構成しなければいけない」とし「大統領がその道を選択すれば野党も協力する」と述べた。

国民の党からも「崔順実氏の事態で国政の空白が深刻であり、与野党が無政争宣言をして大統領を助けるための挙国内閣を構成するべきだ」(金寬永院内首席副代表)という声が出てきた。

大統領任期中断要求については野党の内部でも「過ぎたるは猶ほ及ばざるがごとし。過度に対応すれば逆風がくる」(柳寅泰元民主党議員)という声が出ている。
揺れる朴大統領のリーダーシップ…元老、政界、専門家が提言(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP