주요 기사 바로가기

【社説】効率的で有能な「グテレスの国連」を期待する=韓国

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.10.07 13:26
0
国連の新しい事務総長にアントニオ・グテレス元ポルトガル首相が選ばれたことは色々な面で歓迎すべきことだ。女性の事務総長が出る時が来たという国際社会の共感が実現されなかったことは残念かもしれない。それでもこのような世論を破って選ばれたということはそれだけグテレス元首相が有能だという傍証でもある。

10年間、国連難民機構(UNHCR)を引っ張ってきたグテレス元首相は自他が認める「難民の専門家」だ。シリア内戦などでいつも以上に難民問題が深刻な現時点ではこのような競輪が十分活用されなければならない。グテレス元首相はまた、ぜい肉を落とす意味合いでUNHCRの職員数を3分の1に減らす手腕を発揮した。国連を効率的な組織に脱皮させるべきだという要求が沸く状況で改革を押し進めるものと期待される。潘基文事務総長と10年間協力し合ってきたことも大きな資産だ。国連の長期目標は1人の事務総長任期中に終わらない。前任者が描いていた青写真を後任総長が誠実に遂行してこそ成功する。潘基文総長も前任者のコフィ・アナン氏が設計した「新千年開発目標(MDG)」を着実に推進することによって貧困退治などで注目すべき成果を出した。グテレス元首相も潘基文総長が準備した「持続可能開発目標(SDG)」を成功的に遂行しなければならないだろう。

3カ月も残っていない潘事務総長には後任者にうまく業務引き継ぎする責任がある。大統領選挙に出馬しても国内政治に気をとられて業務を疎かにしては絶対にならない。立派な国連首長として記憶されるためには最後まで最善を尽くす姿を見せるべきだ。

韓国政府もグテレス元首相が導く国連を精一杯手助けするべきだ。残念ながら政府は国連分担金さえ適時に出さずに潘事務総長に恥ずかしい思いをさせたことがあったという。世界11位の経済規模を誇る韓国だ。今や国際社会の責任ある一員として国連を全面的に支援する義務がある。国連の助けで北の侵略をはね除け、急速に成長した韓国ではないか。潘事務総長が離れるからと言って、決して国連に対する関心と支援を終えてはならない。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP