주요 기사 바로가기

「鴻祥グループ、張成沢処刑後さらに成長…北朝鮮の太い綱」(2)

ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2016.09.26 17:18
0
2011年から昨年9月までの4年9カ月間で鴻祥の対北朝鮮取引規模は5億3200万ドル(約6000億ウォン)だった。これは北朝鮮が2004年から10年間余りで開城(ケソン)工業団地を通じて稼いだものと似たような金額だ。

度胸と手腕以外に馬氏には人脈という資産があった。その頃、鴻祥の北朝鮮側の最大のパートナーは勝利貿易だった。北朝鮮のナンバー2だった張成沢(チャン・ソンテク)氏が掌握していた貿易会社だった。対北朝鮮消息筋は「丹東では馬会長が張成沢の後光を背にしているといううわさで騒がしかった」と話した。だが、それが全てではないという事実は2013年張成沢氏の処刑後にあらわれた。消息筋は「張氏の処刑で掛け代金3000万ドルが宙に浮いてしまい、鴻祥も下り坂になるだろうと言われていた。ところが会社はさらに成長した。はるかに丈夫な太い綱があるようだが金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長でなければ軍部ではないかと推察だけするだけ」と話した。

北朝鮮の中国内の拠点の1つである瀋陽の七宝山(チルボサン)ホテルの持分を手にして副会長になったことも北朝鮮との関係を一層堅固にした。対北朝鮮消息筋は「大々的なリノベーション工事を代行して工事代金の代わりに持分30%を受け取ったが、これもまた北朝鮮との強固な関係を示すものではないか」と話した。このほかに対北朝鮮物流会社や旅行会社、食堂なども運営した。

馬会長は中国の「官」にも人脈を広げて影響力を育てた。2008年から「優秀共産党員」に選ばれて栄誉証書をもらった馬会長は2013年、遼寧省人民代表に選出された。このように成功街道をひた走っていた馬会長がリスクを押し切って核兵器専用可能物資を北朝鮮に供給した理由は何だったのだろうか。

北朝鮮体制を信奉して北朝鮮が核保有国家になるために寄与しようと思ったのだろうか。1年余り前に馬会長に会って長時間対話をしたことがあるという中国人のN氏がこのように説明した。「馬会長は、北朝鮮をよく知っているが盲目的に好きなようではなかった。北朝鮮に対する不満も率直に話していた。しかも馬会長は事業家であるだけで政治体制に対しては大きな関心がないようにみえた」。実際に馬会長は2006年のインタビューで「対北朝鮮事業は政治的要素とは関係がない。情勢がどのように変わろうが私たちの事業発展のために粉骨砕身で仕事をするだけ」と話していた。

もしかしたら今の鴻祥を作った対北朝鮮コネクションが、馬会長の没落を促したのかもしれない。対北朝鮮コネクションに後押しされて成功した馬会長が北朝鮮の核開発物資の注文を取り払うことは容易ではなかっただろう。馬会長を知っているというK氏はこのように話した。「対北朝鮮貿易は常に政治的リスクが伴うはずなのに躊躇なく前だけを見て走って行ったのが結局は没落につながったのではないかと考えられる」(中央SUNDAY第498号)
「鴻祥グループ、張成沢処刑後さらに成長…北朝鮮の太い綱」(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP