주요 기사 바로가기

【現場から】スタートは家族企業なのに…マースクは世界1位、韓進海運は沈没(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.06 09:01
0
これに対し海運世界最大手であるデンマークのマースクラインは違う。蒸気船1隻で会社を興した創業者のアーノルド・ピーター・モラー氏(1876~1965年)の息子マースク・マッキニー・モラー氏(1913~2012年)は1993年に専門家に経営権を渡した。デンマークで2番目の資産家が所有と経営を分離した事件だった。マッキニー・モラー氏の娘であるアンネ・マッキニー・ウグラ氏(68)が大株主として社外理事に参加するが直接経営をしはしない。最高経営責任者(CEO)は激しい内部競争を通じて選ぶ。2011年にマースクラインのCEOになったソレン・スコウ氏(51)は2001~2011年に子会社であるマースク・タンカーズ社長を務め能力を認められた。2006~2011年マースクラインCEOを務めたエイビンド・コリン氏(57)も就任前は香港支社長と最高財務責任者(CFO)を務めた。2人とも創業家とは距離のある人で20~30代からマースクで働き海運業の感覚を学んだ。

マースクの主要人物をスカウトした海外海運会社のある関係者は「マースクは大成する人を若いときから各国を循環させ教育させるマネジメントトレーニングで内部競争を激しくさせている」と話した。

スウェーデンの海運会社ステナの韓国支社ホ・マンチョル代表は「さまざま国を相手にする海運業は若い時から各国の現場で見識を広げた専門経営者が激しく戦う戦場だ」と紹介した。

マースクは国際原油価格が急騰した2010年に他の船舶よりワンテンポ遅い「のろのろ運航」を試みて注目を浴びた。スピードを下げて燃料効率を上げられるだけでなく温室効果ガス排出まで減らしたという評価を受けた。代わりに荷主に「もっと速く」より「もっと正確に」を掲げて信頼を得た。2003~2012年にマースク韓国支社を引き受けたパク・ギュスン前代表は「『いまでもうまくいっているのになぜ変えるのか』と思うほど変化に敏感に対応する組織文化がマースクの長所」と話した。

マースクのホームページには「たゆまぬ配慮」が最初の企業価値として紹介される。きょうを管理し明日も一歩先に準備する姿勢を社内価値のうち最高に挙げる。危機に陥った韓国海運業界が再び跳躍するために必ず参考にしなければならない徳目だ。

キム・ミンサン経済部記者
【現場から】スタートは家族企業なのに…マースクは世界1位、韓進海運は沈没(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP