주요 기사 바로가기

【コラム】北朝鮮の軍需事業に入り込んだ華僑

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.09.05 13:29
0
北朝鮮の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の開発速度は韓国国防部の予想より速かった。4月のSLBM試験発射直後、国防部は北朝鮮が早ければ2、3年以内に実戦配備する可能性があるという見方を示した。北朝鮮が先月24日にSLBM発射に成功すると、国防部は1-3年以内に戦力化する可能性があると修正した。実戦配備の予想時点を操り上げたのだ。北朝鮮の科学技術の発展速度(金正恩速度)を軽視し、驚かされた格好だ。

科学技術が発展するには資金と高級人材が必要だ。北朝鮮はこれをどのように調達したのか。まず、資金は新興富裕層のポケットから出ている。新興富裕層は北朝鮮の流通市場・不動産・金融・賃貸事業に参入して稼いだ。問題は新興富裕層の50%以上が中国国籍の華僑という点だ。華僑は中国に親戚がいるケースが多く、合法的に中国を出入りできるという長所を活用し、朝中間の合法または非合法取引を主導している。時には中国のスパイと誤解されたりもする。しかし華僑は北朝鮮経済の動脈の役割を果たし、「諸刃の剣」だ。そのような華僑が北朝鮮市場の多くの部分を占めている。華僑は北朝鮮で商売ができないため、北朝鮮の人たちを前面に出す。そして物を供給し、月給を与えている。

こういう現象はロシア沿海州の市場でも同じだ。店の主人はロシア人だが、そこに物を供給して月給を与えるのは中国の人たちだ。ロシアが中国の進出を牽制するために生じた便法だ。華僑がこのような形で参入したのが北朝鮮の軍需事業であり、資本と権力が癒着しやすい領域だ。華僑はこれを通じて各種利権事業に参加できる機会を得ている。これは金正恩(キム・ジョンウン)体制になって表れた協力の結果であり、最近のミサイル開発の金脈になっている。

高級人材はロシアの科学者の支援が大きかった。情報当局者によると、北朝鮮は2012年、SLBMの核心技術であるコールドローンチ(水中からミサイルを射出して水面上で点火)をロシアから習った。こうした北朝鮮の行動を韓米情報当局が知ったのは2013年の秋だ。米軍事衛星が、旧ソ連から導入した北朝鮮のゴルフ(2000トン)級潜水艦の上部(マスト)に穴が開けられ、咸鏡南道新浦(シンポ)港近隣に垂直発射台が設置されたのを確認した。その後、北朝鮮は昨年1月から本格的な実験に入り、7回の失敗の後、1年8カ月で成功した。あとはSLBMを搭載する原子力潜水艦を建造することだ。すでに保有したという話も出ている。北朝鮮が最近、寧辺(ヨンビョン)原子炉を稼働するのも、核実験のためではなく原子力潜水艦に必要な核エネルギーを作るためだという主張もある。

なら、北朝鮮の核開発は終わった。原子力潜水艦が開発中とはいえ時間の問題だ。北朝鮮は潜水艦強国であるからだ。我々は「金正恩速度」を軽視すれば不意打ちを食らうことになるだろう。相手を恐れる必要はないが、軽視することは警戒しなければいけない。

コ・スソク統一文化研究所研究委員/北朝鮮学博士

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP