주요 기사 바로가기

【時視各角】中国の友人たち、みみっちいことを言うな=韓国(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.07.14 09:58
0
1.立場を変えて考えてみよ(易地思之)=中国の激しい反発、韓国民は理解する。目の前に米国の先端武器が入るのでどれだけいやだろうか。だが韓国の立場も理解してほしい。中国は6・25当時われわれに銃口を向けた。依然として北朝鮮と特殊な関係だ。そんな中国にぶらさがり韓米同盟を放り出せという話なのか。周辺には日本やロシアもいる。韓国はあなたたち中国のように選択肢は多くない。

2.友人の間には信頼だ(朋友有信)=中国の王毅外相はTHAADの最高・熟考を求め、「韓国の友人たち(韓国朋友們)」と話した。友人の間には信頼が先だ。朴槿恵(パク・クネ)大統領が天安門広場に立ちアジアインフラ投資銀行(AIIB)に4兆ウォンの分担金を出したのは友人だから、友人になることを望むからだ。韓中自由貿易協定(FTA)も同じだ。FTAは単純な経済協定ではない。国に対する信頼だ。相手の政策・規則・水準を信じた時に初めて両国が「一体のような関係」を結ぶものだ。韓国と中国は互いにFTAを結んだ国だ。THAADに揺らがなくてはならないのだろうか。

だから、3.多く与え少なくもらえ(厚往薄来)=孔子は大国が周辺国と平和に過ごすには「多く与え少なくもらえ」と話した。孔子が単純に物の多寡を話しただろうか。心を大きく使えという意だ。中国崛起、大中華の夢は自然にかなうものではない。周辺国が称賛し心から尊敬する時に初めて可能だ。力で得ようとすれば(以力)滅びるもので、徳で得てこそ(以徳)栄えるだろう。

無理なら、4.透明にしてほしい(莫若以明)=老子は明るさ、透明さほどのものはないと話した。経済報復、必ずしなければならないならばせよ。止めたからと聞くだろうか。非関税障壁を高く積み上げても良い。だがただひとつ、透明で予測可能にしてほしい。WTOやFTAを結んでおきながらすっかり無視してどこに大国の体面が立つのか。それでこそ中国夢も生かし韓国も生かさないだろうか。

イ・ジョンジェ論説委員
【時視各角】中国の友人たち、みみっちいことを言うな=韓国(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP