주요 기사 바로가기

【中央時評】韓米、韓中関係の不便な真実(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2013.08.14 17:18
0
先月31日、北京で会った李肇星中国人民外交学会名誉会長は「韓国と中国を行き来する飛行機は週あたり843便だが、これはギネスブック記録に相当するだろう」と話した。駐米大使や外交部長を歴任した老練な外交官らしく、両国関係を気持ち良く表現した修辞であった。

朴槿恵(パク・クネ)大統領の6月韓中首脳会談以後、両国は軍事分野まで戦略的な協力関係を構築した。韓国の合同参謀議長と中国軍総参謀長の間にはホットラインを開設することにした。太平洋の向い側、米国からも薫風が吹いた。朴槿恵大統領の5月訪米を契機に60年を迎えた韓米同盟は、包括的戦略同盟から質的に協力を広げたグローバルパートナーシップに発展した。

韓米関係と韓中関係がうまく行っているようだが、一つひとつ中を開けてみると事情は違う。であれば、ささいな国益の不一致が力の弱い国の致命的な被害につながりかねないという事実をいつも念頭に置かなければならない。これは歴史が見せている。中国は血盟である北朝鮮を無視して1992年8月24日に韓国と修交した。北朝鮮・米修交と速度を合わせてほしいという金日成主席の必死な要請は拒否された。92年7月15日に妙香山(ミョヒャンサン)の別荘で銭其シン外交部長一行を迎えた金日成(キム・イルソン)は、韓中修交方針を知らされて「私たちは自主路線を歩む」と言った。信じるべきものは核しかないと判断して翌年3月に核拡散禁止条約(NPT)を脱退した。韓国と中国を執拗に困らせている北核危機の出発点は韓中修交だったのだ。

韓国の合同参謀議長が、血盟である中国の軍専用機で青島(チンタオ)の北海艦隊を訪問するのを見守った北朝鮮首脳部の心情はどうだったろうか。北京で会った中国の外交官は「中朝友好条約はあるが(北朝鮮のために)参戦しないし、人民も支持しないだろう」と言い切った。命を賭けて一緒に戦った血盟も他人になるようなところにとって、一時は銃口を向けた敵であった韓国に鞍替えするのは手の平を返すよりも容易ではないだろうか。韓国と気持ちを合わせる中国の胸の内は明らかだ。米国の同盟パートナーを引き込んでアジア重視(Pivot to Asia)という米国の大衆封鎖戦略に亀裂を起こすということだ。もちろん韓国が中国の3大貿易国の中の一つだという点も重要な理由であろう。


【中央時評】韓米、韓中関係の不便な真実(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP