주요 기사 바로가기

「火遊びの代価を払うべき」中国、米海軍を非難

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.23 08:46
0
中国共産党機関紙の人民日報は「火遊びは代価を払わなければならない」として米国海軍の南シナ海訓練を強く非難した。人民日報は22日「米国の武力誇示がまさに覇権」という題名のコラムで「米国が太平洋を渡ってきて武力を誇示する目的は、南シナ海で緊張を作って自身の覇権を維持しようとする意図」と主張した。さらに「こうした試みは瞬間的に効果を上げられるだろうが、どんなことにもマジノ線がある。火を手に遊んでいたら必ず代価を払わなければならないだろう」と警告した。

米太平洋艦隊は18日、ジョン・ステニス艦とロナルド・レーガン艦の航空母艦2隻をフィリピン東側に送り中国を狙った武力デモを行った。人民日報は「米国が中国を相手にこうしたゲームをするのは相手を選び間違った。誤ちはワシントンのいらだちと傲慢のためだ」と指摘した。

さらに「南シナ海で中国が国家主権と領土を守ろうとする意志は堅固であり、中国の地は寸土(わずかな土地)でも守る」としながら「中国の意志と行動力が何を意味するのか、米国は明確に知るべきだ」と主張した。中国の荒っぽい論調はフィリピンが2013年オランダ常設仲裁裁判所(PCA)に提訴した南シナ海領有権紛争の判決が来月7日に出されると見通された中で出てきた。

中国が裁判で敗訴する場合、国連海洋法協約から脱退する可能性も提起された。

日本の共同通信は最近「中国が南シナ海領有権の根拠に挙げている『九段線』をPCAが否定する場合、中国が協約脱退を検討するだろう」と報道した。

九段線は中国が1940年代に南シナ海領有権を主張するために設定したU字形態の9つの線で、南シナ海全体海域の90%を占めている。中国はすでに東南アジアの一部国家に判決が不利な場合は「協約脱退も選択事項の1つ」と明らかにしたと伝えられた。

中国は公式に協約脱退の可能性には一線を引いた。華春瑩・中国外務省報道官は21日「日本のマスコミの報道の根拠と目的が分からない」として「中国が仲裁裁判所の決定に参加しないことは、国連海洋法協約を含めた国際法の権威を守るためのもの」と主張した。中国がワシントンに設置した中米研究センターの洪農主任は「協約が保障する利益以外にも中国のイメージが損なわれる可能性がある」として協約脱退に反対した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP