주요 기사 바로가기

韓経:米国、韓国産鉄鋼・金属に反ダンピング攻勢…中小企業まで調査(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.16 10:51
0
◆急増する米新規調査件数

KOTRA(大韓貿易投資振興公社)ワシントン貿易館によると、米国は合計332件の輸入品に対して反ダンピングおよび相殺関税を課している。2015会計年度(2014年10月-2015年9月)には計62件の反ダンピング調査を新たに始めた。

こうした新規調査件数は単一会計年度基準で世界で最も多い。米国でも14年ぶりの最多件数となる。このうち韓国に対する規制件数は計21件で、7件は調査中だ。

イ・ジョンゴンKOTRAワシントン貿易館長は「こうした傾向なら、米国は今年、反ダンピング開始件数記録を更新するだろう」とし「今後、誰が米国大統領になっても保護貿易主義政策は当分続く可能性が高い」という見方を示した。

KOTRAは共和党大統領候補に確定したドナルド・トランプ氏が執権すればスーパー301条など超高強度輸入規制を導入する可能性が高いとみている。

民主党大統領候補のヒラリー・クリントン元国務長官は為替操作など不公正貿易行為に対応するという趣旨で貿易執行官の3倍増員などを公約に掲げた。
韓経:米国、韓国産鉄鋼・金属に反ダンピング攻勢…中小企業まで調査(1)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP