주요 기사 바로가기

友好国を挙げながら韓国を抜いたカーター米国防長官

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.06.07 07:41
0
4日にシンガポールで行われた韓米国防相会談で、カーター米国防長官は韓民求(ハン・ミング)長官を「同志(colleague)」と呼んだ。韓米同盟については「核心(linchpin)」という表現を使った。北朝鮮の挑発への対応だけでなく、地域の平和と安保においてそれだけ重要という意味だ。

しかし会談直前に35カ国の代表にしたアジア安全保障会議(シャングリラ対話)本会議の演説では、友好国に言及しながらも韓国を抜いた。カーター長官はこの日の演説で、「原則に立脚した安保ネットワーク(principled security network)」という新しい理論を持ち出した。

この表現を38回も使いながら27カ国間、両者または多者ネットワークの強化が必要だと強調した。カーター長官は「米日関係は米国の対アジア政策において非常に重要な役割をしていて、いつよりも強固」と話した。「イラクとシリアで一緒にしている豪州とも良い関係を維持している」とも話した。続いてフィリピン・インド・ベトナム・シンガポールなどとの関係にも言及し、パートナーシップを見せていると語った。

この部分で韓国には触れなかった。米国が日本・豪州とともに韓国を代表的な同盟に挙げてきたことを勘案すると異例だ。

これに関し国防部の当局者は「米国側に確認してみると、意図的に抜いたのではないという説明を聞いた。韓米同盟はいつよりも強固だというのが米国の立場」と伝えた。しかし高高度ミサイル防衛(THAAD)体系をめぐる韓米間の微妙な神経戦がカーター長官の発言に反映されたのではという分析もある。THAADに関連し、中国を意識する韓国に対するう回的な不満の表出ということだ。

これに先立ちカーター長官は2日、専用機内で「韓民求長官に会ってTHAADについて議論する可能性がある」と述べ、THAAD問題を先に取り出した。しかし韓国国防部はこれを全面的に否認した。

キム・ヒョンウク国立外交院教授は「カーター長官の演説文は米国の意図を込めて事前に緻密に作成される」とし「韓米同盟自体を軽視するというのではなく(韓国に)圧力を加えるジェスチャーと見ることができる」と話した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    友好国を挙げながら韓国を抜いたカーター米国防長官

    2016.06.07 07:41
    뉴스 메뉴 보기
    カーター米国防長官
    TOP