주요 기사 바로가기

側近より血統…金正恩、兄妹と定期「統治会合」(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.05.24 13:10
0
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長(32)が兄の金正哲(キム・ジョンチョル、35)、妹の金与正(キム・ヨジョン、27)と周期的に会っているという。北朝鮮事情に詳しい対北朝鮮消息筋によると、3人が会う場所は江原道元山(ウォンサン)にある金正恩の専用別荘「特閣」。金委員長の東海岸地域の軍部隊・工場訪問や休養に合わせて日程が決まる。韓国情報当局によると、この席では金正恩の統治に関連する核心の懸案を議論し、金正哲と金与正が分担する業務が決まるという。

消息筋は「父の金正日(キム・ジョンイル)が2011年12月に死去して権力を譲り受けたが、経験が不足しているうえ信頼できる幹部がいない状況だったため、兄妹の間で内密な疎通が必要だったはず」と話した。経済と行政(公安統治含む)を担当した叔母の夫の張成沢(チャン・ソンテク)国防委副委員長を「反革命」容疑で処刑した2013年12月以降、叔母の金敬姫(キム・ギョンヒ)にまで背を向け、危機感が高まったという。黄炳瑞(ファン・ビョンソ)軍総政治局長や金元弘(キム・ウォンホン)国家安全保衛部長ら核心の側近と共有しにくい敏感な問題を3人で扱うということだ。

目を引くのは金正哲が弟の政策決定に関与するという点だ。金正哲はかつて後継者の筆頭だった。異母兄の金正男(キム・ジョンナム)が2001年5月の日本成田空港密入国事件など醜聞で父に嫌われ、代案に浮上した。しかしホルモン系の病気で弟の金正恩に後継者の地位を奪われ、「悲運の皇太子」になった。

その後、金正哲は英国歌手兼ギタリスト、エリック・クラプトンの公演を見ようと海外を訪問し、西側メディアに露出したことがある。「権力の頂点から遠ざかった」「弟と距離を置こうとしている」などの解釈があった。その間、金正哲の平壌(ピョンヤン)での動きはベールに包まれていた。消息筋は「依然として金正恩権力が不安定な姿を見せる状況で、金正哲が距離を置いて西側音楽に心酔しているのは難しかったのだろう」と話した。

金正哲が北朝鮮の公安情報組織である国家安全保衛部の実力者という声も出ている。外交消息筋は「2014年7月に北京の北朝鮮大使館で開かれた拉致日本人関連の朝日交渉を指揮した人物が金正哲という話が日本側代表団の間であった」と伝えた。

金与正労働党副部長は兄の後光を受けている。今月初めに平壌で開かれた労働党第7回大会では、「主席壇」(VIP用の席を意味する北朝鮮用語)でスマートフォンと手帳を持って行事を総括する姿が見られた。党幹部の間では「すべての道は金与正同志に通じる」という意味の「万事与通」という話があるという。


側近より血統…金正恩、兄妹と定期「統治会合」(2)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP