주요 기사 바로가기

韓経:テスラ「モデル3」 韓国部品が増加(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.05.24 09:58
0
◆「韓国部品、10%安くて日・独と性能類似」

S&Tモーティブとハンオンシステムだけではない。すでにテスラと供給契約を締結済み、または交渉中の韓国の会社が増えている。ハンコックタイヤは最近、モデル3のタイヤの主供給会社に選ばれた。テスラはグローバル企業のタイヤサンプルをテストした結果、ハンコックタイヤの製品を選択した。LGディスプレイもテスラにタッチスクリーン用LCD(液晶表示装置)を供給する。

 
自動車部品会社マンドはハンドルとブレーキ、ファシンはブレーキペダルの供給をめぐりテスラと協議中だ。ファシンテックとエムエスオートテックは最近、車体・シャーシーなど金型供給会社に選ばれた。KTはテスラの国内通信パートナーに選ばれた。

テスラが来年末のモデル3発売を控え、韓国の部品会社と相次いで提携しているのは、韓国産部品が価格に比べて優秀だと判断しているからだ。3年連続で赤字を出しているテスラが、相対的に高い日本およびドイツ産の部品を減らす代わりに韓国産部品を増やし始めたという分析だ。中国産部品は価格が安いが技術力が落ちるという評価を受けている。

ハイ投資証券のコ・テボン研究員は「テスラが従来のモデルXとモデルSに部品を供給した日本企業の代わりにモデル3に対しては韓国企業をパートナーに選定している」とし「韓国産部品は価格が日本・ドイツ産より10-15%安いにもかかわらず性能は似ているのが強み」と説明した。電子業界の関係者は「車両用LCDは相対的に質が低い台湾や中国の企業が供給してきたが、今回のモデル3はより性能が優れたLGディスプレイの製品が選ばれたと把握している」と話した。

◆バッテリーに関心

業界の関心事はLG化学とサムスンSDI、SKイノベーションなど韓国企業がテスラモデル3にバッテリーを供給するかどうかだ。テスラは最近、複数の韓国バッテリー製造企業と接触したという。テスラがモデル3に韓国企業のバッテリーを搭載することを念頭に置いているという声が出てくる理由だ。LG化学はテスラの初期の電気自動車「ロードスター」に納品した。

ただ、テスラのバッテリー供給は日本のパナソニックが独占してきた点が変数だ。テスラはパナソニックと提携し、米ネバダ州にバッテリー生産工場を建設している。テスラはパナソニックの小型円筒型バッテリーを主に使用するが、韓国企業の主力製品は角型バッテリーだ。


韓経:テスラ「モデル3」 韓国部品が増加(1)

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP