주요 기사 바로가기

【コラム】韓国の地震誤報、今も砂の城がつくられる

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.05.20 13:26
0
地震の恐怖はぞっとするが、「関係のない」人々にとっては簡単に忘れ去られる。2日前、多くの人がしまったと思ったことだろう。

午後5時29分、韓半島(朝鮮半島)を襲ったマグニチュード6.5の地震のニュースだ。震源地は江原道(カンウォンド)の横城(フェンソン)。多くの市民はそのままぼんやりしていた。「6.5」という数字の意味をよく分かっていなかった。わずか1分後にあふれてきた情報で表情が変わった。「国内の地震の中で史上最高の強度」「以前の記録は1978年の5.2…」。

恐怖心は大きくなった。まさか日本やエクアドルのような災害まではないだろう。ところがなんと先月日本の熊本県を襲った地震がマグニチュード6.5だった。オー・マイ・ゴッド。その時には何人亡くなっただろうか?

韓国と全く関係ないと思っていた恐怖は、そうやって私たちの全身を渦巻いた。幸いにも気象庁のミスであり、気性の短いマスコミの誤報と判明した。8分余りの悪夢と同じぐらいに気象庁とマスコミはひどい目にあっている。

それじゃあ私たちは再び平穏になってもかまわないのか。1日のJTBCの調査報道番組『イ・ギュヨンのスポットライト』によれば正解は「違います」だ。

スポットライトチームは気象庁の誤報事態に先立ち先月、熊本県に行った。徹底した地震対応で有名な日本だったが地震被害は深刻だった。15日読売新聞によれば熊本地震の被害は死亡者49人、ストレスや自殺など「関連死亡者」19人、行方不明者1人、避難者1万316人だ。損壊した建物は8万6411棟で、復旧のために8兆ウォン程度(7780億円)の追加予算が編成された。

スポットライトは、韓国で似たような地震が発生すればその被害はより大きくなると断言した。当然の評価だが、見ればみるほど韓国のお粗末ぶりは衝撃的だ。

耐震設計されていない建物が70%以上(建築専門家推定)だ。さらに病院と消防署も含まれている。1988年から導入された耐震設計法は6階以上の建物だけを対象にしていた。専門家の診断はぞっとするものだ。「もしも韓国で大型地震が発生すれば消防車が出動しにくい状況でもある」〔釜山(プサン)大学オ・サンフン建築工学科教授〕。韓国の鉄筋コンクリートは、地震の前では砂の城のようなものだという。

幸いにも地震は来なかったが韓国の耐えがたいお粗末ぶりは、それよりもひどい悪夢を現実にした。加湿器殺菌剤がそうだし、セウォル号がそうだった。子供のためになら命も投げ出すような親たちは何もできず(悲しみに)胸をたたくことしかできなかった。このぞっとするような「放置」は、なぜ放置されてしまったのか。

5年ほどの政府の臨機応変では、私たちのもどかしさは解消されないだろう。その判断は確固なものになっている。最近政府が見せたものは20分の行事で5・18(民主化運動)精神を賛えることができるという根拠のない自信だけだった。そのようなレベルの知性で新しい歴史教科書も作るのだという。そうやって、また1つ砂の城が作られるのかと思うと恐ろしい。

キム・スンヒョンJTBC政治第1部次長待遇

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP