주요 기사 바로가기

オバマ大統領、27日に安倍首相と広島訪問

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.05.11 08:15
0
オバマ米大統領が27日に広島を訪問する。米国の現大統領が広島を訪問するのは、米国が原爆攻撃を実施した1945年以降初めてとなる。

ホワイトハウス側は10日、「オバマ大統領の歴史的な広島訪問は平和、そして核兵器のない世界に対する追求を見せるものだ」と論評した。任期新年の2009年に核なき世界を掲げたオバマ大統領が、任期の最後の年に広島を訪問し、非核化に対する信念を見せて退くという意味だ。オバマ大統領の広島訪問には安倍晋三首相が同行する予定だと、共同通信が10日報じた。

オバマ大統領は26、27日に三重県伊勢志摩で開催される主要7カ国(G7)首脳会談に出席する。この日程に合わせて広島を訪問するという見方が以前からあった。

 
オバマ大統領は2009年の日本訪問で「広島を訪問できれば光栄」と話していた。しかし現大統領が原爆の被爆地を訪問すれば日本に謝罪するように映るという世論のため訪問は実現しなかった。カーター元米大統領が広島を訪問したことがあるが、大統領の任期を終えた後だった。

一部では、日本極右勢力がオバマ大統領の広島訪問を韓日関係における過去の歴史免罪符として前面に出す可能性もある、という懸念がある。

これに関連し、アーネスト米大統領報道官は2日の定例記者会見で、「オバマ大統領が原爆投下に対して日本に公式的に謝罪するべきだと思うか」という質問に対し、「そうではない」と答えた。広島を訪問しても謝罪はしないという立場を明確にしたのだ。



関連記事

 

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP