주요 기사 바로가기

「韓国人専用402ビザのおかげでオーストラリア就職に成功」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.22 15:04
0
「ちゃんとした月給をもらって働き、家族と一緒に過ごせる時間が多かったのでいいなと思いました」。

韓国言論振興財団とオーストラリア外務貿易省が企画した韓-オーストラリア言論交流プログラムを通じて、今月12日にオーストラリアの中小都市ダボで会ったユン・サンリュルさん(31)は海外就労の動機をこのように説明した。ユンさんはシドニーから約400キロ離れたトボ地域の在郷軍人会館(RSL club)で料理人として働いている。この地域には80人余りの韓国人が暮らしている。

ユンさんは「ここにくる前に京畿道水原(キョンギド・スウォン)のベトナムレストランで2年間働いた」とし「毎日午前10時から12時間働き、週末も休むことができず家族と一緒に過ごす時間が全くなかった」と話した。それで「どうしたら仕事と家庭を両立できるか」と悩んだ末、海外就労を決心したという。ユンさんは「2009年ワーキングホリデープログラムで来たことのあるオーストラリアが真っ先に頭の中に思い浮かんだ」とした。ユンさんは料理人としての経歴が認められて就職に成功し、週給800豪ドル(約6万8000円)をもらって一日8時間、週5日働いている。

ユンさんと一緒に働いている料理人のイ・ドクミンさん(33)も1カ月前ダボにやってきた。イさんが料理人の夢を持つようになったのは10年余前、軍隊での炊事兵時代だった。「料理がしたい」と考え、除隊後は慶尚南道昌原(キョンサンナムド・チャンウォン)のホテルで4年半の間、厨房で働いた。また、シンガポールにあるイタリアレストランでも2年間料理人として仕事をした。

だが、韓国に帰ってきてからは就職が容易ではなかった。イさんは「韓国には料理人も多くて自分の店を出すことが簡単ではなかった」とし「海外就労経験があったので、特に躊躇(ちゅうちょ)することなく海外に目を向けることになった」と話した。

漠然と海外の仕事を探していた彼らの目に留まったのは他でもないオーストラリアの職業研修ビザ(402ビザ)。昨年から発給され始めたこのビザはオーストラリア政府が韓国人だけに発行している特別ビザだ。このビザを受ければ満18~30歳に発行されるワーキングホリデービザ(417ビザ)所持者よりも時給や勤務条件が良いところで働くことができる。また、該当職種経歴3年以上、英語能力試験(IELTS)5.0以上が要求される就職ビザ(457ビザ)よりも発給を受けやすい。

オーストラリア政府が402ビザを作ったのは韓国人の勤勉性と専門性のためだ。ビザ業務窓口であるオーストラリア地域開発公社プロジェクトマネジャーのジョージア・ファイ氏は「オーストラリアには誠実で実力のある技術者が非常に不足している。誠実で実用技術を持つ韓国人を呼び込もうとこのビザを作ることになった」と説明した。

ユンさんとイさんは402ビザ第1世代だ。ファイ氏は「現在5人がダボ、ブリスベン、シドニーで働いている。今後は年間120人まで増やす計画」としながら「ユンさんとイさんのように、韓国の就職研修生が『よく働く』というウワサが広まって韓国人を求める雇い主が増えている」と紹介した。

イさんは「海外就労を希望するなら道はあちこちに開かれている。だが、なぜ海外で働きたいのか、自分の職業専門性はどの水準なのかをまず冷静に確認してみる必要がある」と助言した。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「韓国人専用402ビザのおかげでオーストラリア就職に成功」

    2016.04.22 15:04
    뉴스 메뉴 보기
    402ビザ第1世代であるユン・サンリュルさん(右)とイ・ドクミンさんがオーストラリア・ダボの在郷軍人会館のキッチンで材料の下準備をしている。
    TOP