주요 기사 바로가기

韓国の玩具メーカー、日本企業が掌握する韓国市場の構図塗り替える(1)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.04.04 14:01
0
「韓国の玩具市場規模が小さいため業界では製品の研究開発や革新をためらいます。しかし海外の人気製品を国内に持ってくるばかりで自分たちだけのコンテンツがなければトレンドを主導できません」。

昨年変身ロボット玩具の「ターニングメカード」で国産玩具ブームを起こした玩具メーカー孫悟空の崔信奎(チェ・シンギュ)会長(60)と最近ソウル・九老(クロ)のチョイロッックコンテンツファクトリーで会った。孫悟空本社近くにあるチョイロックは崔会長が玩具の企画開発のために設立した個人会社だ。

ターニングメカードは2014年まで日本玩具「妖怪ウォッチ」「パワーレンジャー」などが掌握した約1兆ウォン規模の国内市場の地図を塗り替えた。韓国最大の玩具専門販売店のロッテマートトイザラスの昨年の売り上げ上位20品目のうち15品目が孫悟空の製品だった。変身ロボット玩具であるターニングメカード13種、ハローカーボット2種だ。

ターニングメカードはミニカーがロボットに自動変身する世界初の玩具だ。崔会長は「子どもたちが遊ぶ姿をずっと観察し、どんな玩具をおもしろがるか、“突拍子もない想像”をする。ターニングメカードも母親と折り紙をする子どもを見て作った」と話した。

孫悟空の昨年の売り上げは1250億ウォン。1986年の会社設立後に売り上げ1000億ウォンを超えたのは初めてだ。孫悟空は2001年のベーゴマ玩具「トップブレード」以降これといったヒット作がなく、2010年以降は売り上げが減り続けている状況だった。
韓国の玩具メーカー、日本企業が掌握する韓国市場の岍図塗り替える(2)


関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    韓国の玩具メーカー、日本企業が掌握する韓国市場の構図塗り替える(1)

    2016.04.04 14:01
    뉴스 메뉴 보기
    崔信奎孫悟空会長は自動変身玩具「ターニングメカード」を直接開発した。ターニングメカードは昨年孫悟空が上げた1250億ウォン売り上げの半分を占め、「玩具界のハニーバターチップ」という別称も得た。
    TOP