주요 기사 바로가기

<囲碁:人間vs人工知能>李世ドル九段「布石さえ上手くすれば勝算…五分五分の勝負」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2016.03.10 10:04
0
「まだ始まったばかりだ」。9日の対局直後に行われた記者会見で、李世ドル(イ・セドル)九段もグーグル側もこのように述べた。李九段は第1局の敗北の衝撃を隠さなかった。アルファ碁について「今日、2つのことに驚いた」と説明した。「一つは序盤の対応能力だ。序盤はアルファ碁が苦戦すると思っていたが、うまく進めていった」と語った。

続いて「もう一つ驚いたことは、お互い難しい状況だと思ったが(右辺に持っていく)勝負に出てきた。読みに自信がなければとうていできないことで、もう一度驚いた。囲碁的な話なので正確に説明するのは難しい」と話した。李九段は「序盤のミスが最後まで尾を引いた。アルファ碁がこれほど囲碁を完ぺきにするとは思わなかった」と振り返った。

李九段はアルファ碁の挑戦を受けたことを後悔しないと明らかにした。「現在、実際に衝撃的ではあるが、非常に楽しめたし、今後の囲碁も期待でき、後悔はない」と話した。今後の対局については慎重に自信を表した。「今後、布石さえうまくすれば勝率がありそうだ。2番目に驚いた勝負の手が出てこなかったとすれば明日は私が有利だと言っていただろうが、あれを見たので今後は五分五分だと思う」と述べた。

李九段は昨年アルファ碁に完敗した欧州チャンピオンの樊麾(Fan Hui)二段とは距離を置いた。「樊麾二段と私を比較するのなら、経験的な側面で考えたい」とし「私は世界大会優勝の経験と多くの実戦があり、一度負けたからといって動揺しない。樊麾二段とは違う」と話した。しかしアルファ碁に対する評価には慎重だった。「まだ始まったばかりなので、今どんな存在かを話すのは難しい」と述べた。

アルファ碁を開発したグーグル傘下のディープマインドのデミス・ハサビスCEOもこの日の会見で「互角の緊張感が漂う対戦だった」とし「まだ始まったばかり」と所感を明らかにした。ハサビスCEOは「最初にも話したが、すべての可能性が開かれている。4回の対局が残っていて、今日の対局が終わったので明日は李九段が新たな試みをするだろう」とし「李九段にアルファ碁がどのように対応するか期待される」と述べた。

アルファ碁の首席開発者デビッド・シルバー氏はこの日の対局について「すべての瞬間に最高の手を選択するためにアルファ碁の領域の限界値まで行かなければならなかった」と話した。また「バリューネットワークとポリシーネットワークを活用するすべての面々でアルファ碁の限界を実験してみることができる良い機会だった」とし「今日成し遂げた業績を誇りに思う」と述べた。会見で2人は李九段に対し、また李九段はアルファ碁を開発したプログラマーに対して敬意を表した。

李世ドル九段が第1局の敗戦の衝撃を忘れて平常心を回復するかどうかが今後の対局のカギとみられる。現場で英語の解説をしたクリス・ガロック米囲碁E-ジャーナル総括エディターも衝撃を隠さなかった。この日の会見に同席したガロック氏は「依然として衝撃から抜け出せない」としながらも「今日の対局は非常に優れたレベルであり、囲碁が持つ美しさをよく表した。対局を見てもアルファ碁が本当に知能を持っているという印象を受けた」と述べた。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP